自宅介護に限界!入居を渋る父をどう説得する?

 相談者の概況

80代のお父様はお母様と2人暮らし。入退院を繰り返すうちに身体機能が衰え、認知症を発症。暴言や転倒もあり、自宅介護は困難。息子様がお父様に老人ホームへの入居を勧めますが聞く耳を持ちません。

【困っていること】

・父は入退院を繰り返し身体機能が著しく低下。認知症も発症。
・自宅復帰しても暴言や転倒がひどく、母は一日中気が休まらない。
・老人ホームへの入居を勧めても父は拒絶。解決策が見つからない。

 エピソード詳細

80代のお父様はお母様とお暮らしです。風邪をこじらせ入退院を繰り返すうちにADL(日常生活動作)が落ち、認知症も発症。暴言や転倒が顕著になりました。お母様が自宅で介護ができない状態になり、居宅介護支援事業所のケアマネジャー様を通してご相談がありました。

キーパーソンは近隣に住む息子様。お父様が安全に暮らせるように老人ホームへの入居を検討しましたが、厳格でプライドの高いお父様を説得できずにお困りでした。そこでご提案したのは「今の状態では自宅での生活は難しいため、老人ホームでリハビリを行って家に帰れるようにしましょう」とお父様にお伝えする方法でした。初めは拒んでいたお父様も息子様の励ましに少しずつ理解を示し同意。介護保険の負担割合が多かったため家賃と管理費などを抑え、予算とエリアに重点を置き選定しました。

2軒のホームをご見学され、結果的に選ばれたのは家から通いやすいホーム。1人でテレビを見たり、読書したりするのが好きなお父様に静かな雰囲気はぴったりです。また、居室の窓からの眺めもよく、自宅と似た環境なので「ここなら快適に過ごせる」と息子様は決断されました。

 選定ホーム

ホーム(1)
介護付有料老人ホーム。自然豊かな環境にあり、レクリーエーションが活発でにぎやかな雰囲気。駅からのアクセスが少し不便。

ホーム(2)※入居ホーム
介護付有料老人ホーム。医療との連携が万全。小人数で落ち着いた雰囲気。居室も広めで1人の時間を堪能できる環境が整っている。家に近い。

 入居したホーム

自宅と似た環境で居室からの眺望が美しい。自宅に近い。

 今回のポイント

・入居に拒否反応が強い場合は、本人が受け入れやすい提案を行う。
・入居ホームが自宅に近い住環境だと新しい生活になじみやすい。
・予算やエリアも重要だが、本人の性格に合ったホーム選びも不可欠。
・介護保険の負担割合によって、ホーム自体にかけられる金額が違ってくる

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる