予算内のホームは遠すぎて訪問時の交通費がかかる!!

【困っていること】

・両親だけの2人暮らし。父の認知症が進み徘徊も顕著になってきた。
・父が入る老人ホームを検討するが予算がないため遠方に移るしかない。
・その間に母が脳梗塞で入院。今すぐ父の施設入居を検討しなくてはならない。

入居したホーム

認知症の対応もよい住宅型有料老人ホーム。娘の家から通いやすい。

相談者の概況

80代のご両親は老老介護。お父様の認知症が進み、老人ホームへの入居を検討しますが、わずかな年金と貯金で入れる近くのホームは皆無。困っていたところにお母様が脳梗塞で入院。お父様に独居は無理です。

選定ホーム

ホーム(1)
予算内だが遠方にあり、自宅から日帰りで訪問できない。交通費も高額。病院の移送や看取りまで対応可能。住宅型有料老人ホーム。

ホーム(2)
自然に恵まれた環境。家から電車で2時間程度かかる。予算は少しオーバー。サービス付き高齢者向け住宅。デイサービスも併設。

ホーム(3)
医療機関や訪問看護ステーションとも提携しており、要介護度が重い人の対応も可能な住宅型有料老人ホーム。予算は若干オーバー。

ホーム(4) ※入居ホーム
認知症の受け入れ実績が豊富。予算は少しオーバーだが娘宅から近いので交通費の負担が少ない。住宅型有料老人ホーム。

エピソード詳細

ご対象者様は80代のお父様。お母様とお暮らしですが、お父様の認知症が進み、徘徊も度々。お母様の手に負えない状態になり、「あいらいふ入居相談室」のwebサイトをご覧になった娘様からご相談がありました。

娘様は、お父様のわずかな年金と貯金を使って入れる老人ホームをお探しです。しかし、遠方に行かないと予算内で受け入れ可能なホームはないので、近場のホームも選定し、費用別に4軒の老人ホームをご提案。ところが、それから間もなくお母様が脳梗塞で緊急入院。お父様を一人にしておくわけにはいかず、すぐ入居できるホームを決めなくてはならない状況に。

月額利用料が安いホームは、予算内でも日帰りで行ける距離ではなく、交通費も高額。また、退院後のお母様の入居も想定すると、2人とも同じホームで娘様が通いやすい距離にあることは必要不可欠です。

トータルで考えた時、若干予算オーバーでも近場で交通費の安い方が訪問もしやすいなどメリットも多いことから、娘様の家に近い住宅型有料老人ホームを選ばれました。娘様には前もってお父様の健康診断書など必要書類の用意をお願いしていたので、早めに入居することができました。

入居後、娘様は「今度母と一緒に面会し、父の楽しんでいる様子を見てもらって、少しずつこのホームに親近感をもってもらいたいです」とおっしゃっていました。

今回のポイント

・予算内の老人ホームであっても遠方だと交通費の負担が大きい。
・家族の訪問時の交通費も含めて「ホームの費用」と考える
・低予算でも入居を諦めずに解決できる糸口を相談員は提案できる。
・家族にとって近場のホームの方が何かあった時もすぐ駆けつけられる。
・入居を急ぐ場合は相談員を通した方が手続きの対応も早い。

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる


お電話でのご相談 お電話でのご相談