訪問頻度を想定してエリアを決める

【困っていること】

・年金の範囲内でおさまる老人ホームを探したい。

入居したホーム

エリアはやや遠いが年金の範囲内でおさまり、自由度が高く快適な老人ホーム

相談者の概況

相談者は対象者の長女。対象者は80代男性で独居。肺炎によって入院後、身体の活動が極端に低下。退院後の独り暮らしは困難になったため、老人ホームを検討されました。

選定ホーム

ホーム(1)※入居ホーム
住宅型有料老人ホーム。建物が築浅で設備がきれい。娘様宅から車で1時間。

ホーム(2)
介護付有料老人ホーム。娘様宅の隣県。

ホーム(3)
住宅型有料老人ホーム。娘様宅から車で1時間弱。

エピソード詳細

独り暮らしだった80代のご対象者様は、肺炎で入院したのをきっかけに、身体の活動が極端に低下。リハビリ病院に転院後も自宅へ戻れるほどは回復しなかったため老人ホームの入居を決めました。

ご要望は「年金の範囲内におさまる老人ホーム」。さらにキーパーソンである娘様が通いやすいエリアをご希望でした。しかし予算を優先すると、エリアの選択肢が狭まります。こうしたケースで相談員がいつもお伺いするのは“訪問の頻度”。毎日でも通いたい人がいる一方で、仕事の都合で数か月に1回という人もいます。そして数か月に1回なら必ずしもキーパーソン宅の近隣でなくても構わないかもしれないからです。

今回のケースで娘様は月に1回程度の訪問を予定していて、車の運転もできました。そこでエリアの範囲を車で1時間圏内にまで広げ、ご家族の「通いやすさ」よりご本人様の「生活の快適度」を基準にすることになりました。ご対象者様の居住地域は特養の待機者数が少ないこともあり、将来的な特養の申込みも視野に入れて、現状にあった老人ホームをご紹介しました。
ご本人様も同行して見学した結果、設備が新しく生活の自由度が高い点が気に入った老人ホームに無事、入居が決定。入居後はデイサービスを利用したり、他の入居者と毎日おしゃべりしながら楽しく過ごしていらっしゃいます。

今回のポイント

・「訪問頻度」を考慮したエリア設定がキーポイント
・月に数回の「通いやすさ」より、24時間365日暮らす「ご本人のしあわせ」を
・様々な条件を組み合わせ、最適な老人ホームの選定をお手伝い

お電話でのご相談 お電話でのご相談