少し高いけど払えなくはない!

【困っていること】

・パーキンソン病で入院後、介護老人保険施設(老健)に転所
・老健の退去日が迫っており、入居可能な老人ホームを検討したい
・月額利用料を予算内に収めたいが、娘が通いやすい老人ホームは少し高い

入居したホーム

少人数の老人ホームなのでスタッフも親切で家庭的。娘宅のすぐ近くにある。

相談者の概況

ご対象者様は80代の男性で独居。パーキンソン病が進行して入院後、老健に転所。退所日が迫り、月額利用料が老健と同等で、娘様の家に近い老人ホームをお探しです。

選定ホーム

ホーム(1)
住宅型有料老人ホーム。庭園があり自然豊かな環境。地域交流が活発。月額利用料は予算より安いが、娘の家から少し距離がある。

ホーム(2)※入居ホーム
介護付有料老人ホーム。娘の家の近所。ゆったりとした居室でミニキッチンとバス、トイレ付き。アットホームな雰囲気でイベントが充実。予算より少し高い。

ホーム(3)
介護付有料老人ホーム。開設から1年しかたっていないため建物がきれい。広々としたつくりで車イスの移動も楽。利用料も予算内。

エピソード詳細

ご対象者様は80代の男性で独り暮らし。パーキンソン病が進行して一時的に入院後、老健に転所。しかし、老健の退所日が迫り、娘様からお父様が入れる老人ホームを探していただきたいと相談室にご連絡がありました。

娘様は月額利用料が老健と同じくらいで、ゆったりと過ごせる老人ホームをご希望でした。そこで、うかがった予算と将来的なことも視野に入れ、3軒の老人ホームをご提案。うち2軒は予算内です。両方とも娘様の家から少し離れていますが、車で30~40分の距離。一方、予算より数万円上の老人ホームは娘様の家の近所。ゆったりとしたつくりで、アットホームな雰囲気です。

最初は娘様も予算重視でお考えでしたが、ご見学されるとご自宅に近い、小規模の老人ホームに魅力を感じ、結果的にそちらを選ばれました。予算オーバーの部分も預貯金で何とかカバーできるとわかりました。家に近ければ何かあった時でも、すぐ駆けつけられます。お父様のお体の状態がよければ面会の回数も減らせます。これまで老健に毎日、通っていた負担を考えると、距離の近さから得られる安心感は大きなメリットがありました。今ではお父様も老人ホームの生活に慣れ、穏やかな日々をお過ごしです。

今回のポイント

・相談員は問題点を分析し長期的な視野も入れて適切な提案を行う。
・予算より少し高めでもそれによって満足度が上がることは多い。
・予算重視の場合は、優先順位をつけ条件の取捨選択をしたい。
・本人の年齢、身体状況、預貯金などをふまえ予算を算出するのがよい。

大塚 和樹相談員

お電話でのご相談 お電話でのご相談