“生の情報”と豊富な選択肢が強み

【困っていること】

・年金でまかなえるホームを探したい。
・認知症が急激に悪化。自宅で老々介護は難しい。

入居したホーム

居住地より遠方だが息子様に馴染みのある土地で、費用が安価なホーム。

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

相談者は対象者の長男。対象者は90代男性で夫婦2人暮らし。自宅で転倒して脳出血を起こしたことがきっかけで認知症が急激に悪化。高齢の奥様による老々介護を心配した息子様がホームを探していました。

選定ホーム

ホーム(1)※入居ホーム
住宅型有料老人ホーム。費用が安価。日中看護師常駐。自宅および息子様居住地の隣県。

ホーム(2)
介護付有料老人ホーム。費用が安価。自宅と同県内。

ホーム(3)
住宅型有料老人ホーム。費用が安価。息子様居住地と同県内。

ホーム(4)
住宅型有料老人ホーム。費用が安価。息子様のご自宅から近い。

エピソード詳細

90歳代のご対象者様は年齢相応の認知症はあるものの身体はほぼお元気で、自宅で奥様と2人暮らしでした。しかしある時、転倒して脳出血を起こし、急速に認知症が悪化してしまいました。息子様は遠方に住んでいて普段は高齢の奥様が介護を担当。老々介護による共倒れを心配した息子様がホームを探していました。

息子様の要望は「年金内でおさまるホーム」。限られた予算の中、何よりも年金で安心して暮らせるホームを探してほしいとご希望でした。ホームの費用の多くを占めるのは家賃。コストを抑えるには郊外や居住地隣県にまでエリアを広げることも重要です。

そこでご対象者様の居住県内と息子様の居住県内、さらに双方にとって隣県となるエリアでそれぞれ候補をご提案しました。すると双方にとって隣県となるエリアは、息子様が月に何度も訪れる馴染みのある地域であることが判明。早速見学し、施設長から話を聞いたところ「ここなら安心して父を任せられる」と入居が決まりました。その後何度もやり取りさせていただく中で、ご不明な点等都度説明させていただきました。

入居後、息子様からは「自分1人では居住地以外のエリアまで探すことはできなかった。パンフレットだけではわからない具体的な情報を教えてくれてありがとう」と感謝の言葉をいただくことができました。

今回のポイント

・ベストのホームへ入居するまでサポートし続ける。それがあいらいふの使命です
・ホームページやパンフレットではわからない“生の情報”をご提供します

須永 洋祐相談員

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談