エリアを広げればホームが見つかることも

【困っていること】

・同居の娘がネグレクト(介護放棄)で、数か月も入浴できず。
・予算は年金のみ、だけど今すぐ入居しないと自宅は危険。
・パーキンソン病をわずらっており、ADL(日常生活動作)が低下。

入居したホーム

新幹線の距離の他県にあるが、費用は安価で年金でまかなえるホーム

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

相談者は対象者の妹。対象者は90代女性で娘と同居。娘がネグレクト(介護放棄)傾向にあり、対象者は何か月も入浴すらできない状態でした。見かねた妹が施設入居を勧め、地域包括支援センターのケアマネジャー経由でご相談いただきました。

選定ホーム

ホーム① ※入居ホーム
サービス付き高齢者住宅。居住地から新幹線の距離。費用が安価。

エピソード詳細

実の娘様と同居中だった90歳代のご対象者様は、パーキンソン病があり要介護2。歩行にもふらつきがある状態でした。しかし娘様がネグレクト(介護放棄)傾向にあり、ご対象者様の食事や身の回りの世話どころか、何か月も入浴すらさせていないご様子。

飛行機の距離に住む対象者様の妹様が見かねていったん引き取り、半年ほど面倒を見ている状況でした。その後、ご自宅に戻っても、娘様のネグレクトの傾向は改善されなかったため、妹様が施設入居を決断。ケアマネジャー経由であいらいふにご相談をいただきました。

予算が限られていることから、新幹線の距離になるものの費用が安価なホームをご紹介し、見学の段取りを整えました。

介護放棄という状況から考えると、事態は急を要します。そこで見学を決めると同時に、妹様には平行して医師の診断書など必要書類の準備を始めるようにお願いをして、2日後には見学同行。ホームの印象もよく、ケアスタッフの応対にも信頼感を感じた妹様から、翌日には入居希望のご返事をいただきました。事前に必要書類についてお知らせしていたこともあり、そこからはとんとん拍子に手続きが進行。書類の取り寄せなど含めても、初回の相談からスピード入居を果たすことができました。

今回のポイント

・予算がなくてもあきらめないで! エリアを広げればホームが見つかることも
・入居には多くの書類が必要。相談員は手続きも含めてきめ細かくサポートします

斉藤 愛美相談員

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談