予算が不明でホームを選べない

【困っていること】

・独身で独居の姉が入院。退院後、自宅復帰は困難となり本人が入居を希望。
・弟は費用面の不安を感じ、姉に適したホームを探す手だてがない。
・高齢の弟が保証人だが、長期的なことを考えると一人だけでは心配。

入居したホーム

支払額は上がるものの、本人になじむ雰囲気のホーム。弟宅にも近い。

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

ご対象者様は独居の80代女性。疾病で入院後、自宅復帰が困難になり、ホームに入ることを希望されました。独身なので弟様が保証人ですが、姉の懐事情がわからず、入居可能なホームを選ぶこともできない状態です。

選定ホーム

ホーム(1)
費用は比較的手頃で弟の家に近い。居室数が100以上の大型ホームで中庭を併設。レクリエーションも多彩で活発。

ホーム(2) ※入居ホーム
(1)より高価。小規模でケアスタッフと会話も楽しめる。弟宅の近所で面会に行きやすい。理学療法士の個別リハビリにも対応。

エピソード詳細

80代のお姉様は、自宅で転倒し、硬膜下血腫で入院。病は治ったものの、独居で独身のため、本人が老人ホームへの入居を決めました。まだ歩行が十分でないお姉様に代わり、弟様がケアマネジャー様の元にご相談へ。そのとき入手した『月刊あいらいふ』をご覧になり、あいらいふ入居相談室にお電話をかけてこられたのです。

弟様はご自宅の近くで、お姉様が快適に過ごせるホームをご要望です。ただ、お姉様の懐事情が不明で、選びようがないとお困りでした。そこで費用が低めのホームを選定。弟様のご年齢から将来的に保証人を継続できない場合も想定し、「めいご様にも、ご同行いただけませんか」とお願いしました。

まずは比較的安価なホームの見学へ。弟様もめいご様も、特に不満はなさそうです。次にワンランク上のホームをご案内したところ、「小規模で温かい雰囲気が、姉に合う」と弟様のお墨付きを得ることができました。早速、費用についてお姉様に相談していただくと、支払い可能な金額だとわかり、2軒目に見学したホームを選ばれたのです。

後日、私がホームを訪れると、笑顔のお姉様が。弟様とめいご様も面会にこられるそうで、ご提案して本当によかったと思いました。

今回のポイント

・予算が不明でも、相談員を通した方がよりよいホームを見つけやすい。
・保証人が高齢の場合、将来的なことをふまえ、後継者も検討しておくべき。
・代理でホーム見学に行く場合は、「入居する本人がなじむか」も考慮する。

赤堀 麻衣子相談員

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談