夫の暴言で認知症の妻は倒れてしまい、緊急入院。妻の安全を守るには…?

【困っていること】

・認知症の妻に対する夫の暴言がひどい。
・夫と暮らすストレスから、緊急入院した妻の退院期限が明日に迫っている。
・離れた場所で暮らす娘は、なにかがあってもすぐに駆け付けられない。

入居したホーム

自立支援強化型で自主サークルが充実、暴言夫から離れられるホーム。

相談者の概況

80代の奥様は、旦那様と2人暮らし。奥様に認知症の症状が出はじめると、旦那様からの暴言が増え、ストレスをかかえた奥様は入院してしまいます。相談者の娘様は、緊急避難的に入れる老人ホームを探していました。

選定ホーム

ホーム(1) ※入居ホーム
スタッフ配置が手厚い(2:1)。入居者による自主サークルが充実。自立支援強化型で配膳などは自分で手配する。

ホーム(2)
スタッフ配置が手厚い(2:1)。アクティビティやイベントが充実。

ホーム(3)
スタッフ配置が手厚い(2.5:1)。24時間看護スタッフが常勤。リハビリ機器などが充実。

エピソード詳細

80代で初期の認知症を発症していた奥様は、妻の認知症を受容できずに日々、暴言を投げつける旦那様におびえて暮らしていました。心労がたたった奥様は、体調を崩して検査入院へ。父から暴言を浴びて部屋の隅で震える母の姿を見た娘様は、退院後はショートステイで体調を整えてもらうよう手配します。しかしご自宅へ戻る日、奥様は発作を起こして倒れてしまいました。「自宅に戻っても同じことが繰り返される」と心配した娘様から、あいらいふ入居相談室にご相談が入ったのです。

旦那様の暴言を心配する娘様のご要望で、相談員はあえてご自宅近くを避け、娘様宅に近い老人ホームを選定。また身体的には自立度が高い奥様のために、配膳などを入居者自らが行う自立支援強化型の老人ホームをご提示しました。

そこは入居者自らが作るサークル活動が活発なホーム。もともと社交的な性格だった奥様にはぴったりということで、ご入居が決まりました。

今回は緊急避難的な入居という意味合いが強いもので、まずは安全・安心が最優先です。そこで相談員は、あえて「入居金なし」を選択することを提案。変更可能な料金コースについては、入居後にゆっくりご検討することになりました。

今回のポイント

・入居金・月額型は途中変更が可能。急ぎの場合は入居後に検討することも。
・身体自立度が高いときは、自立支援強化型がベストな場合もある。
・緊急性が高い場合は、「0円で入居」して、老人ホームで様子をみる。

照屋 晶平相談員

お電話でのご相談 お電話でのご相談