父が入院していた病院で新型コロナウイルスの感染者が見つかり、老人ホームの入居手続きが止まってしまいました

リハビリだけでなく、医療体制にも注目

 相談者の概況

軽い認知症と骨粗しょう症を抱える80代の奥様は、ご主人様と2人暮らし。ある日、転倒して大腿部を骨折。さらに入院中に認知症が進行し、リハビリが思うように進みません。このままでは自宅復帰は難しいと、クリニックを併設する老人ホームに入居を決定。しかし、新型コロナウイルス感染症対応のため、入居に条件が付き、進行がストップしてしまいました。

【困っていること】

・80代の奥様が大腿骨骨折で入院。
・順調に回復するも、認知症を患っているためリハビリの指示が伝わらない。
・自宅復帰が難しいと判断し、老人ホーム入居を検討。

 エピソード詳細

骨粗しょう症で治療している80代の奥様は、ご主人様と2人暮らし。軽い認知症を抱えていましたが、何とかご夫婦で暮らしていました。しかし、ある日、買い物帰りに転倒してしまい、大腿部を骨折。救急搬送され手術は成功しましたが、入院中に認知症が進行してしまいました。

寝たきりにならないためにはリハビリが必要です。しかし、認知症のために、理学療法士様の指示が理解できなかったり、足の装具を勝手に外してしまったり、リハビリは思うように進みません。

それでも退院の時期は迫ります。ご主人様は自宅では寝たきりの奥様の面倒をみきれないと、老人ホームへの入居を決意。息子様も交えて老人ホーム探しが始まりました。現時点で奥様に必要なのはリハビリ。しかし、骨粗しょう症や認知症のこともあったため、息子様は医療体制の整った老人ホームを希望されました。

あいらいふ入居相談室の情報網から、クリニックを併設したご希望に叶う老人ホームは難なく見つかったのですが、ひとつ問題がありました。

それは、新型コロナウイルス感染症対応のため、入居日からさかのぼって2週間以内のPCR検査、CT検査、2週間分の検温記録などが義務付けられていたことでした。しかし、手配は大変だったものの、病院側の協力もあり無事検査を受けることができ、入居に至りました。

入居後は、ペースはゆっくりでしたが、着実にリハビリの結果が出ているとのことです。

 選定ホーム

ホーム(1)※入居ホーム
リハビリマシンと治療器を併用したリハビリに特化した介護付有料老人ホーム。スタッフ固定のユニットケアを導入し認知症の方も安心安全に過ごすことができる。

ホーム(2)※入居ホーム
クリニック併設で医療的ケアにも対応する、機能訓練指導員常勤の介護付有料老人ホーム。個別プランによるリハビリに定評がある。

 今回のポイント

・認知症の方の場合、指示がうまく伝わらずリハビリが進まないことがある。
・新型コロナウイルス感染症の対応で、入居の際にPCR検査などが必要な老人ホームがある。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる