臨機応変な対応で入居を実現

【困っていること】

・退院まで時間が無い、退院期日が迫っている。
・入居の費用が限られている。
・入院によってADL(日常生活動作)が急激に低下、自宅へは帰れない。

入居したホーム

自宅近くで費用が安価。入居対応がはやいホーム

相談者の概況

相談者は対象者の次男。対象者は90代女性で夫婦2人暮らし。入浴など一部介助を受けながら自宅で生活していましたが、てんかんの発作が原因で入院。入院中、急速にADL(日常生活動作)が低下したためホームの入居を検討されました。

選定ホーム

ホーム① ※入居ホーム
住宅型有料老人ホーム。自宅からすぐ近く。費用は安価。居室は相部屋。

エピソード詳細

90代になるご対象者様は入浴などに一部介助が必要でしたが、訪問サービスを活用しつつご主人様と2人で暮らしていました。しかし持病のてんかん発作による入院がきっかけでADL(日常生活動作)が急激に低下。退院時には車イスが必要になってしまったため、ホームへの入居を決めました。

地域包括支援センター経由で連絡をいただいた時、すでに退院期日が迫っている状況。介護老人保健施設も検討したとのことですが、予算的に余裕がなくあきらめたという話でした。時間・予算のいずれも限られた中でのホーム探しでしたが、相談員はご自宅からほど近い場所に、低予算で入居できるホームを知っています。

しかし、高齢のご主人様に代わって連絡をやり取りすることになった次男様は仕事が多忙。なかなか見学する時間が取れません。一方、間近に迫る退院期日を考えると、悠長に構えている余裕はありません。そこで次男様に代わってご主人様に直接連絡することに。奥様の受け入れ先が決まらないまま、退院となってしまうことに危機感を抱いたご主人様は、すぐに見学に行くことを承諾してくださいました。

見学の結果、「アットホームで他の入居者の雰囲気もいい。ここなら妻も気に入りそうだ」という一言が決め手となり、無事に退院期日前に入居を決めることができました。

今回のポイント

・スケジュール管理や家族間の調整までをトータルでサポート
・「費用」や「時間」など、どんなお悩み事もまずはご相談ください

宮本 和義 相談員

お電話でのご相談 お電話でのご相談