「即入居」を実現した秘訣とは

【困っていること】

・娘1人が両親2人を介護、介護疲れが限界に。
・ショートステイの期限が目前。すぐに入れるホームを探したい。

入居したホーム

即入居が可能で、年金の範囲内でまかなえるホーム。

相談者の概況

相談者は対象者の娘。対象者は80代女性で夫、娘と同居。熱中症による救急搬送をきっかけに要介護状態に。夫にも持病があり、娘1人で両親2人の介護をすることが困難になったため老人ホームを探していました。

選定ホーム

ホーム(1)※入居ホーム
住宅型有料老人ホーム。居住地の隣県。費用が安価。最寄り駅から徒歩圏内。

ホーム(2)
住宅型有料老人ホーム。居住地隣県。最寄り駅から車移動。

エピソード詳細

80代のご対象者様は同居の娘様と一緒に、精神疾患を抱えるご主人様の看病に明け暮れる毎日でした。しかし熱中症による救急搬送をきっかけに体が不自由に。要介護状態になってからはショートステイを活用しつつ、娘様が1人でご両親2人を介護する日々が続いていました。しかし娘様の介護負担が限界に達し、ついに老人ホームの入居を決断されました。

もともと年金生活だったのに加え、娘様は介護離職で無収入。限られた予算の中でホームを探す必要があり、またショートステイの利用期限も目前に迫り、一刻を争う状況でした。

ご連絡をいただいたその日の午後には候補をご提示し、翌日に見学を予定。ところがご主人様の容態が悪化して見学は中止となり、やむなく見学無しで入居手続きを進めることになりました。幸い入居予定のホームは相談員の良く知るホーム。そこで見学に行けない娘様に対し、ホームの様子やスタッフの対応など細かくお伝えすることで、少しでも雰囲気が伝わるように配慮しました。

事前に入居に必要な書類を準備していたこともあって受入れはスムーズに進行。無事、ショートステイの利用日数が切れる前に、入居が決まりました。入居後、娘様の「これで私も肩の荷が下りた。また仕事を再開します」と安どしたご様子が印象的でした。

今回のポイント

・スピード入居。決め手はプロの情報網と事前の入念な書類準備
・ホーム選びに見学は必須。どうしても無理な時は相談員の知識をフル活用

阿部 将輝 相談員

お電話でのご相談 お電話でのご相談