どうする!?「入居お断り」

【困っていること】

・肺炎で入院、もとのグループホームには戻れない。
・第1希望のホームからは「入居お断り」の返事。
・退院の期日が迫っている。

入居したホーム

予算はややオーバーだが医療依存度が高くても受け入れ可能なホーム

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

相談者は対象者の長女様。対象者は90代男性でグループホームに入居していました。しかし肺炎を起こして入院し、容体が安定しないことから、もといたグループホームへ戻ることができなくなったため、有料老人ホームを探していました。

選定ホーム

ホーム① ※入居ホーム
住宅型有料老人ホーム。長女宅から近隣。予算はややオーバー。日中看護師常勤。

ホーム②
住宅型有料老人ホーム。長女宅から最も近い。

ホーム③
介護付き有料老人ホーム。費用が安価。

エピソード詳細

90代要介護4で、グループホームに入居中だったご対象者様はある時、肺炎になって入院してしまいました。急性期は脱したものの、医療依存度が上がってしまったため退院後、もとのグループホームに帰ることができません。そこで改めてホームを探して欲しいと、あいらいふにご相談いただきました。

面談した長女様のご要望は、「医療面が安心」「長女宅から近く」「費用が安価」であること。しかしこのすべてを満たすホームを探すことは困難です。肺炎の病後でも受け入れ可能で、かつ安価なホームを限られたエリアで探すことは難しいからです。

しかしながら長女様の強いご要望で、自宅近隣のホームに見学同行へ。見学の結果、長女様は入居希望を出しますが、入居審査の結果、ホームから「入居お断り」の返事を受けてしまいました。一時的な点滴栄養など、体調面で受け入れが困難との判断からです。

退院期日が迫っている中での施設からの入居NG。落ち込む長女様をサポートしながら相談員はすぐに次の一手を打ちました。予算面がややオーバーしてしまうもののその他の条件はクリアしていた第2希望のホームへ見学予約を入れると同時に、身体状況などをあらかじめホーム側に伝達。しっかりと情報共有した上で見学・入居審査と進めていた結果、退院の期限までに無事に入居を決めることができました。

今回のポイント

・想定外の事態が起きても大丈夫。相談員はいつでも迅速にサポート
・一番大切な条件を見極め、状況に応じて優先度の低い条件を外す勇気も必要

澤畑 夏子相談員

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談