退院間際にホーム入居を拒否!!

【困っていること】

・ご主人が心筋梗塞で入院。高次脳機能障害もあり在宅介護は無理。
・老人ホームへの入居を検討し、退院後に入るホームを決めていた。
・しかし、退院日が決まると、ご主人が入居拒否! すぐ仕切り直さなくては!?

入居したホーム

小規模な住宅型有料老人ホームで家庭的な雰囲気。家に近い。

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

ご対象者様は70代の男性。奥様と同居ですが、心筋梗塞で入院。高次脳機能障害もあり、退院後は老人ホームへの入居を決断。しかし、退院直前に入居拒否! ホームの選定から仕切り直しです。

選定ホーム

ホーム(1) ※入居ホーム
訪問介護・看護の事業所を併設した、小規模な住宅型有料老人ホーム。外部のサービスが利用できる。家に近い。

ホーム(2)
日中看護師常駐の有料老人ホーム。医療依存度の高い人の受入れも可。家からのアクセスがよく、昔、住んでいた町にある。

エピソード詳細

ご対象者様は70代男性。奥様とお暮らしでしたが、心筋梗塞で入院。退院を控え、奥様から病院のソーシャルワーカー様を通して、老人ホームへの入居を考えたいとご連絡が。ご家族で相談され、家から少し離れたホームを選択。あとは退院日を待つだけでした。ところが、退院日が迫ったある日、突然の入居拒否!! ご主人様は脳梗塞による高次脳機能障害で、前に決めたことを忘れたり、受け入れられなくなったりすることがありました。

すぐに再相談を行い、ご本人の意思を尊重して家から近いホームを2軒ご提案。翌日、奥様と娘様のご見学に同行。1軒目は訪問介護・看護の事業所が併設された住宅型有料老人ホーム。2軒目は医療ケアの対応も可能な有料老人ホーム。施設長には急ぎの入居であることと、週末は自宅に帰ることもできるようにお願いしておきました。そして、入居審査に必要な診療情報を見学時に提出しました。

最終的に選ばれたのは1軒目のホーム。小規模なので、なじみやすい雰囲気があります。また、ご主人様も「家に近い」という安心感から納得されて、退院日までに入居するホームを決めることができました。

今回のポイント

・入居を急ぐ場合、診療情報などの必要書類を早めにそろえておきたい。
・相談員は急な入居に対し、受け入れ可能なホームの選定が可能。
・短期間で入居したい場合は、相談員を通した方が手続きもスムーズ。
・入居拒否がある場合、プロに委ねた方が解決の糸口も見つけやすい。

鈴木 裕一相談員

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談