父が倒れ、介護離職の危機に

【困っていること】

・独居の父が急に体調を崩し、寝たきり生活になってしまった。
・遠方に住む息子が会社を休んで父の対応をしているが、介護疲れが蓄積中。
・息子は介護離職の危機に陥り、今すぐ父が入居できるホームを探している。

入居したホーム

息子様のご自宅に近い、早期に受入可能なホーム。

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

独居で90代のお父様は、突然、体調を崩して寝たきりに。遠方に住む息子様が介護をしていますが、その疲労は極限です。会社を休める日も少なくなり、早急に老人ホームへ入居しないと介護離職の可能性も出てきました。

選定ホーム

ホーム(1) ※入居ホーム
家庭的な雰囲気で一人ひとりに寄り添ったケアで定評がある。息子様の家から近く、訪問にも便利。費用も手頃。すぐに入居することが可能。

ホーム(2)
小規模ホームで手厚いサポート体制が整っている。ベテランのスタッフが多い。トイレが居室についていない。息子様の家に近い。

エピソード詳細

90代で独居のお父様は、自宅で突然、体調を崩してしまいます。日を追うごとに身体機能は衰え、ついには寝たきり状態に。息子様は離れた所に住んでいるため、会社を休んで介護をしていました。その状態が続いた数週間後、あいらいふ入居相談室のウェブサイトにご連絡が入ったのです。

お父様の状況は悪化の一途でした。息子様は「今すぐ入居できる老人ホームを探してほしい」とのことで、相談当日にご希望をうかがい、ホームを選定。

疲労の色の濃い息子様の負担を軽減し、なおかつホーム側の理解を深めたい狙いから、事前に私からホーム長にご事情を説明しておきました。

翌々日は、ホーム見学へ。1軒目はアットホームな雰囲気で、入居者一人ひとりに寄り添ったケアで定評があるホーム。他方は小規模で、きめ細やかなサポート体制ですが、居室にトイレがついていません。今は車イスで生活をしているお父様にとって、共同トイレは負担が重そうです。

熟慮の末、息子様は先に見学したホームに決定。ホーム長から「書類等は柔軟に対応しますので、3日で入居可能です」とお話しいただけたことが安心材料となり、また、ソフト・ハード面とも受入体制が整っていることが決め手でした。

今回のポイント

・相談員がホーム長と直接、入居の交渉をすると手続きが早く進む。
・緊急性の高い入居でも、第三者を交えて介護者が冷静に考える時間は必要。
・早急に受入可能なホームでも、入居手続きに必要な書類や期間は異なる。
・ホームのソフト面以外に、ハード面が身体状況に合っていることも大切。
・介護離職や介護疲れでの苦しみの蓄積を防ぐには、周りのサポートが必須!

阿部 将輝相談員

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談