独居の不安に耐えられない!

【困っていること】

・80代の女性。「独居の不安と寂しさ」からホームへの入居を検討。
・他の紹介会社では、年齢と介護度のみで判断され、ホーム探しを中断した。
・キーパーソンもご高齢のため、将来住み替えとなると新たな保証人が必要。

入居したホーム

サービス付き高齢者向け住宅。居室にミニキッチン付き。自宅に近い。

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

ご対象者様は、80代で独居の女性。妹様が少し離れた所にいますが、今の生活に不安が募り自らホームを探し始めます。しかし、介護度と年齢だけで判断され、紹介されるホームは、ご自身の住みたい場所ではありません。

選定ホーム

ホーム(1) ※入居ホーム
身体状況に応じて必要なケアをお願いする、サービス付きのホーム。居室にミニキッチン付き。自宅近くで妹様も通いやすい場所。

ホーム(2)
ホーム(1)と同系列のホーム。妹様の家に近い。

ホーム(3)
広々とした機能訓練室を備え、リハビリに特化したホーム。自立支援にも力を入れている。自宅に近いが、入居金が必要。

エピソード詳細

80代半ばのお姉様は、独り暮らしに不安が募り、自分で老人ホームを探し始めました。ところが、紹介されたのは介護度の高いご入居者様が多いホームばかり。思うようにいかないため、ケアマネジャー様経由で、あいらいふ相談室にご依頼が入ったのです。

面談を行うと、お姉様はお話しぶりもしっかりしていて「元気なうちは自分で食事を作りたい」という気持ちが強くありました。そこで、ご自宅と妹様宅に近いサービス付き高齢者向け住宅を2軒選定。ただし将来に備え、介護付きのホームも選定し、「現在と将来、どちらの生活を重視するか?」を十分にご検討いただくようにお伝えしました。

また、近隣に住むキーパーソンの妹様も高齢であるため、成年後見制度を利用し保証人を立てた方が安心できることも助言いたしました。

ホーム見学後、結論が出るまでに約1か月。その間、相談員の方で選定ホームを仮押さえしておきました。「自分らしい生活を送りたい」というお姉様は、最終的に近所のサービス付きのホームに決定。ご入居後、成年後見人から「以前より意欲的になり、介護度も要介護2から要支援2に改善しました」とのお知らせをいただき、こちらも安心いたしました。

今回のポイント

・入居の決断に迷う場合は、時間をかけて納得のいく結論を出すことが大切。
・将来的に住み替えが必要でも、「今どう過ごしたいか」を優先する場合も。
・キーパーソンが高齢の場合、成年後見制度の利用も検討しておきたい。
・成年後見制度に関する知識やアドバイスも相談員は心得ている。
・相談員は対面相談し対象者の意向をくみ、適切なホームの選定を行う。

緑川 光子相談員

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談