身内は遠方にいるためサポートが難しい

 相談者の概況

90代の独居女性が持病の手術で入院。安静状態が続いたことでADL(日常生活動作)が急激に低下して、ご自宅には戻れなくなりました。遠方に住むキーパーソンの妹様は、通院や訪問のサポートをしたいと考え、近くの老人ホームに呼び寄せるつもりでした。しかし、ご本人様は住み慣れた土地を離れたくないと、地元での老人ホーム入居を強く希望しています。

【困っていること】

・持病の手術後、安静状態が続きADLが著しく低下。
・独り暮らしの生活には戻れそうもないため、老人ホームへの入居を検討。
・遠方に住む妹様は呼び寄せるつもりだが、ご本人様は地元に残りたいと強く希望。

 エピソード詳細

ずっとお一人で暮らしてきた90代の女性が、持病の手術をすることになりました。しかし、術後の安静が続いたことでADL(日常生活動作)が著しく低下し、もとの独り暮らしの生活に戻ることが難しくなりました。

遠方に住む妹様と今後の対応について話し合うことになりましたが、妹様が引き取ることは難しく、老人ホームへの入居が妥当ということに落ち着きました。妹様は通院の付き添いや頻繁に訪問したいと、ご自身の住む地域で老人ホームを探そうとしていました。

しかし、ご本人様は住み慣れた土地を離れたくないと、地元での入居を強く希望します。妹様は、ご本人様がお住まいになるこの地域には土地勘もなく、老人ホーム探しで頻繁に来訪することもできません。医療ソーシャルワーカー様に相談したところ、あいらいふ入居相談室を紹介されたそうです。

ご連絡をいただき、さっそくお見舞いに来ていた妹様と面談。遠方に住む妹様の負担を軽減するために、月に一度の通院の付き添いをはじめ、お看取りまで対応できる老人ホームを軸に選定を開始しました。十数軒の候補の中から、もしものときにも協力医療機関との医療連携が万全で、人員体制が手厚く見守り体制の整った老人ホームを3軒見学することになりました。

老人ホームでは、生活の介助はすべて介護スタッフが行います。しかし、介護保険が適用されない病院への付き添いや買い物、お墓参りの外出介助などは、ご家族様が担うことになります。今回のケースでは妹様の協力が難しいため、病院への付き添いは、老人ホームのオプションサービスを利用することにしました。一般的にオプションサービスは有料です。老人ホームの介護スタッフが提供するところや、外部の事業者を利用するところなどさまざまです。

ご本人様と妹様が選ばれたのは、介護スタッフが病院への付き添いをしてくれる老人ホームでした。診察が長引いても対応できることや、顔見知りの介護スタッフの付き添いのほうが安心できることが判断材料となりました。

ここは希望通りのご本人様のご自宅に近い老人ホームで、時々様子を見に帰ることができることも決め手になりました。今までとほとんど変わらない生活が送れることにご本人様も納得。また、妹様も至れり尽くせりの老人ホームの体制によって、すぐに駆けつけられないという不安も払拭され、ほっとしたご様子でした。

 選定ホーム

ホーム(1)※入居ホーム
24時間看護スタッフ常勤の介護付有料老人ホーム。医療ニーズが高くても受け入れ可能。人員体制は1.5:1と手厚い。通院の付き添いも可能。

ホーム(2)
24時間看護スタッフ常勤の介護付有料老人ホーム。2:1の手厚い人員体制で、毎日の活動を向上させる自立支援介護に力を入れている。

ホーム(3)
24時間看護スタッフ常勤の介護付有料老人ホーム。ホーム長が看護師の有資格者。医療ニーズの高い方でも受け入れ可能。

 今回のポイント

・介護保険外の病院への付き添いなどは、有料のオプションサービスを利用。
・オプションサービスは、介護スタッフのほかに外部事業者のサービス提供などさまざま。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる