妄想や大声が止まず自宅介護はもう限界

 相談者の概況

精神病を抱える80代の男性は、「家族にお金を盗まれた」「隣人が嫌がらせをする」などの妄想が進み精神科に入院中でした。ご家族は自宅介護の限界を感じて、退院後は老人ホームでの生活を検討。受け入れ拒否を心配されていましたが、精神病のケア実績のある老人ホームが見つかりひと安心。不安になると大声を出すため、老人ホーム側には隣室に迷惑がかからないように居室の配置を考えてもらい、穏やかな生活を手に入れることができました。

【困っていること】

・旦那様が精神病院に入院。退院後の受け入れ先を探している。
・問題行動があり、自宅での介護は難しい。
・奥様が毎日でも通えるエリアの老人ホームが絶対条件。

 エピソード詳細

80代の旦那様は、「家族にお金を盗まれた」「隣人が嫌がらせをする」などの妄想を伴う精神病の症状が進行し、精神科のある病院に入院しました。投薬治療で症状は落ち着きましたが、完治は難しいと主治医が判断。同居する息子様夫婦は共働きのため、高齢の奥様一人で日中の旦那様の面倒を見るのは難しい状況です。自宅介護は難しいと判断した息子様から、「老人ホームに入居してもらいたい」と相談を受けました。

病気を発症してからも奥様の旦那様への愛情は変わらず、入居後も頻繁に面会できる自宅から近い老人ホームを希望。ご家族と面談した際、奥様は「精神病だと入居者間トラブルなどを理由に受け入れを拒否されるのでは」と心配なご様子。たしかに入居が叶わないケースもありますが、退院後の受け皿になってくれる老人ホームは少なくないと伝えると、安心した表情に。ご希望のエリアで受け入れ体制の整った3施設をご提案しました。

選定する際に重視したのは、地域の医療機関との連携体制や介護体制の充実度。願わくば定期的に精神科の専門医の診察が受けられると、旦那様とご家族の安心につながると考えました。精神病の方の受け入れ実績もあり、一番気に入った介護付有料老人ホームの面談では、妄想に加え不安や思い通りにならないストレスから大声を出すことも、息子様は正直に伝えました。問題行動を隠して入居し後から発覚した場合、退居を余儀なくされるケースもあるので、正直な告知は大切です。老人ホーム側は旦那様の症状に真摯に耳を傾け、ほかのご入居者様の迷惑になりにくい角部屋の居室、もしくは耳の聞こえが悪い方の隣にするなどの提案があり、奥様と息子様は胸をなでおろしていました。

後日、入居後の様子をうかがったところ、介護スタッフが頻繁に声掛けをしたり、居室に閉じこもらないようにしたりときめ細かい介護の甲斐あって、問題行動は収まっているそうです。服薬管理や医療サポートはもちろん、精神病や認知症にはコミュニケーションを重視したケアができる老人ホームの選定が大事だと再認識しました。介護不安から解放された奥様には笑顔が戻り、面会のたびにお二人で穏やかな時間を過ごしていると聞いています。

 選定ホーム

ホーム(1)
都心にありながらも比較的安価な介護付有料老人ホーム。日中帯看護スタッフ常勤、訪問診療体制が充実、認知症の方の受け入れ実績あり。

ホーム(2)※入居ホーム 
24時間看護スタッフ常勤の介護付有料老人ホーム。医療ニーズの高い方でも受け入れ可能で、終末期ケアや緩和ケアにも対応。精神科と心療内科の往診あり。自宅から一番近い。

ホーム(3)
デイサービス、お泊りデイサービス一体型のサービス付き高齢者向け住宅。安価な利用料が魅力。

 今回のポイント

・精神病や認知症による問題行動がある方でも、受け入れ可能な老人ホームはある。
・大声を出す方の場合、部屋の配置の工夫などで、他の入居者の迷惑にならないようにできる。
・精神的に落ち着くと、問題行動が収まる場合もある。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる