「もう関わりたくない、出て行って」と突き放され……

 相談者の概況

入院を機にADL(日常生活動作)が低下し車イス生活になった男性。かねてから関係性が冷え込んでいた内縁の妻と息子からは、退院後の介護拒否だけでなく縁も切られてしまいます。長く別居している正妻も頼れず、老人ホームへの入居手続きや保証人は、民間の保証会社にお願いすることになりました。

【困っていること】

・入院中にADL(日常生活動作)が低下し、車イス生活になってしまった。
・介護が必要になったら家族に見放され、誰にも頼ることができない。
・保証人や身元引受人になってくれる人がおらず、老人ホームの契約ができない。

 エピソード詳細

もの忘れ等、軽い認知症の80代男性。訪問介護を利用し、入浴後に皮膚疾患の薬を塗布してもらっていました。ところが入院を機にADL(日常生活動作)が著しく低下し、車イス生活に。退院後、自宅に戻ったものの、同居している内縁の妻と息子からは以前より愛想をつかされており、これを機に「もう関わりたくない」「家から出ていってほしい」と、介護を放棄されてしまいました。

見かねたケアマネジャー様よりお話があり、相談員がご自宅に伺うも、ご家族は老人ホーム入居に関することも放任。当然保証人や身元引受人になることも拒否。
そこで相談員は、もう一人の身寄り、昔に別居した正妻と連絡を取ろうとしましたが、全くつながりません。もう誰にも頼ることはできなくなってしまいました。

老人ホームの見学も車イスのまま自分で行くことになる男性。全て自費で介護タクシーを利用することになりますので、自宅から1時間以内のエリアで検索。月々の費用を抑えて、リハビリに励みたいという希望を叶えられる老人ホームを2件ご案内しました。
結果、デイサービスやレクリエーション参加が必須ではなく、ひとりで過ごす時間を持てる老人ホームを選択。契約の際に必要な保証人や手続きは民間の保証会社に頼み、無事入居となりました。

 選定ホーム

ホーム(1) ※入居ホーム
住宅型有料老人ホーム。1階にデイサービスを併設。機能訓練指導員による個別プログラムが受けられる。

ホーム(2)
サービス付き高齢者向け住宅。外観も内装も明るい雰囲気。館内にデイサービスを併設。

 入居したホーム

ひとりの時間をゆっくり持て、リハビリができる老人ホーム。

 今回のポイント

・老人ホーム選びや入居にあたり、身内にどこまでやってもらえるかを把握。
・頼る人がいなくても、民間の保証会社を利用すると老人ホームへ入居できる。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる