脳梗塞で倒れて丸1日経過……

 相談者の概況

70代の妹様は独居。お姉様が隣町に住んでおり、毎日のように連絡を取り合っていました。しかし、ある日、お姉様が何度電話しても出ないため、心配になって家を訪れると居間で妹様は倒れていたのです。

【困っていること】

・独居の妹が脳梗塞で倒れるも、発見が遅れて全身マヒに。
・キーパーソンの姉も高齢のため、姉の自宅に近い老人ホームを探している。
・入居者を家族同然の扱いをしてくれるホームを希望。

 エピソード詳細

ご対象者様は70代の女性で独居。隣町に住むお姉様と、毎朝、電話で連絡を取り合う仲でした。その日は妹様が電話をかけてくる日でしたが、まったく連絡がないためお姉様から電話をかけます。しかし、何度かけてもつながらず、心配になったお姉様は、妹様の家を訪問。すると居間で倒れていたのです!! すぐに救急車で病院に搬送。脳梗塞と診断されます。

倒れてから丸1日が経過しており、妹様は全身マヒで車イスの生活に。この状態で退院しても自宅で生活できないと察したお姉様から、病院の医療ソーシャルワーカー様を通してご連絡がありました。

お姉様はご自身も高齢であるため家から通いやすくて、温かみのある手厚い介護の老人ホームをお探しでした。予算もふまえ、医療ケアの充実した近隣のホームを10数軒選定し、入居者を家族のように考える福祉マインドの強い2軒をご見学。

最終的に選ばれたのはスタッフの人員体制が手厚く、入居者の心に寄り添ったケアで定評のあるホームでした。施設長が明るくて前向きな考え方であるため、ホームの中も活気に満ちあふれ、入居者が笑顔でお過ごしの様子も決め手になりました。今では妹様も入居生活に慣れ、お姉様の訪問を楽しみに日々を過ごされています。

 選定ホーム

ホーム(1)
介護付有料老人ホーム。24時間看護スタッフ常勤。医療との連携も万全。昼食と夕食は複数のメニューから選べる。姉の家に近くて駅からのアクセスもよい。

ホーム(2) ※入居ホーム
介護付有料老人ホーム。手厚い人員体制で入居者の満足度も高い。レクリエーションが充実していて活気がある。徒歩圏内だが駅からのアクセスは少し不便。

 入居したホーム

手厚い人員体制で心に寄り添ったケアで定評がある。

 今回のポイント

・スタッフの人員体制によって介護の手厚さも異なる。
・アクセスや設備も大事だが、スタッフの寄り添う姿勢が入居の決め手になる。
・相談員は自分の担当エリアを熟知している。
・独居の場合は、いざという時の対応策を元気なうちに考えておくべき。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
無料でできるわけ/初めての方へ
お電話でのご相談 お電話でのご相談