半身マヒの父を認知症の母は介護できない

【困っていること】

・半身マヒの父が入院。退院が決まったものの、ADL(日常生活動作)が低下。
・母は軽い認知症。退院後の父を自宅で介護するのは無理。
・将来的に母が一緒に入居することも考えて、両親ともに気に入るホームを探したい。

入居したホーム

保守が行き届いてきれい。要介護度別のフロア。家族が通いやすい距離。

相談者の概況

90代で半身マヒのお父様は、胸の痛みを訴え救急病院に入院。その後、地域包括ケア病棟へ転院。退院日が決まったものの、ADL低下で自宅介護はお母様も無理なため、老人ホームへの入居を検討。

選定ホーム

ホーム(1)
介護付有料老人ホーム。ケアスタッフの人員体制が手厚く、きめ細かな対応。入居金、月額利用料は予算内。

ホーム(2)
介護付有料老人ホーム。アットホームな雰囲気で費用も予算内。駅から近いので、訪問するにも便利。

ホーム(3)※入居ホーム
介護付有料老人ホーム。要介護度別にフロア分けされており、自立支援にも力を入れている。施設全体が明るくて快適。月額利用料は予算より少し高め。

ホーム(4)
介護付有料老人ホーム。自然豊かな環境にありイベントなども活発。入居金、月額利用料ともに予算より高い。駅からのアクセスがよい。

エピソード詳細

軽い認知症のお母様と二人暮らしの90代お父様は、胸の痛みを訴え、救急病院に搬送されて入院。治療後、地域包括ケア病棟へ。ようやく退院が決まりましたが、もともと脳梗塞の後遺症で半身マヒであることに加え、入院中にADL(日常生活動作)が低下。この状態で、お母様が自宅介護を続けることは無理なご様子。離れてお住まいの息子様と娘様も仕事で忙しく、同様に難しい状況です。

病院の医療ソーシャルワーカー様を通して息子様からご連絡があり、お話をうかがうと、お父様退院後のご両親の生活が心配なので老人ホームを検討したい、とのことでした。ご希望は、家族が通いやすい場所にあり、入居金を出して月額利用料を抑え、将来的なお母様の入居も考えて両親ともに気に入るホーム。

これらの条件に、ご夫婦の暮らしへの意識の高さを踏まえ、4軒のホームをご提案。選ばれたのは、要介護度別にフロア分けがされており、檜風呂や自社農園野菜を用いた食事など、オーナーの思いが込められたホーム。見学中もそれらに共感されていました。お母様は家庭菜園を楽しまれていますので、農園で野菜を育てられることも決め手に。お父様入居後、息子様からはお礼の言葉とともに、ご本人が明るい雰囲気の中で安心して暮らせることを大変気に入っていらっしゃるとお聞きし、ベストな提案ができてよかったと実感しました。

今回のポイント

・相談員は入居者の意向やライフスタイル、隠れたニーズも踏まえ、ホーム選定。
・要介護度が重い方と軽い方の同居は実現可能。

お電話でのご相談 お電話でのご相談