必要書類の準備が早期入居へつながる

【困っていること】

・脳梗塞で緊急入院、退院すぐに自宅での生活は心配。
・新築の自宅を建設中。期間限定で受け入れるホームを探したい。
・今すぐ退院したい。でも必要書類がそろっていない。

入居したホーム

自宅から徒歩圏内。機能訓練がてら自宅近くを散歩できるホーム

相談者の概況

相談者は対象者の長男。対象者は80代男性。近居の長男夫婦が食事の世話などしていましたが脳梗塞で入院。来夏完成予定の自宅が完成するまでの間、安心して冬を越せるホームを探していました。

選定ホーム

ホーム① ※入居ホーム
介護付き有料老人ホーム。フロアごとのユニットケアを実施。比較的小規模。自宅から近い。スタッフ配置3:1。

ホーム②
介護付き有料老人ホーム。小規模。自宅から近い。スタッフ配置2.5:1。

ホーム③
介護付き有料老人ホーム。自宅からやや遠い。費用は安価。スタッフ配置3:1。

エピソード詳細

80代のご対象者様はがんを患い手術も経験しましたが、近所に住む長男夫婦から食事などの世話を受けつつご自宅で過ごしていました。しかしある時、脳梗塞で倒れて入院が必要に。退院後に自宅へ戻ることは不安がありましたが、新築の2世帯住宅の完成を数か月後に控えていたため、完成までの期間限定で入居できるホームを探していました。

さっそく候補をピックアップしてご家族とご本人様に説明へ。入院中の場合、ご家族だけ説明することが多いのですが、今回は対象者様を一家の主として、キーパーソンである長男様も対象者様の判断を尊重している様子がうかがえたため、ご本人様を交えた説明となりました。

ご提示した中の1件は自宅から徒歩圏内。さっそく見学し「機能訓練の散歩がてら、建設中の自宅を見に行くこともできますよ」という一言が後押しとなり、入居が決まりました。
すぐにでも退院して入居したいというご対象者様。しかしその時は健康診断など必要書類がそろっていませんでした。そこで相談員が病院とホームを橋渡しし、早期入居を望むご対象者様の気持ちに沿うように関係者間を調整したことで、スムーズな入居につなげることができました。

今回のポイント

・ご相談者様の希望に寄り添い、病院とホーム間の橋渡しが相談員の使命

塚田 恵鯉子 相談員

お電話でのご相談 お電話でのご相談