理性と直感で決めるホーム探し

【困っていること】

・脳梗塞の後遺症で全身麻痺。家族も高齢で在宅介護は不可能。
・高齢の家族が面会に行けるよう、できるだけ近いホームを探したい。

入居したホーム

運営母体が医療法人で24時間看護師常駐。自宅からアクセスもよいホーム。

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

相談者は対象者の家族。対象者は90代女性で脳梗塞の後遺症で全身麻痺が残りました。リハビリ病院でもこれ以上のリハビリは望めない状況で、高齢の奥様が自宅介護をすることは困難だったため老人ホームを検討しました。

選定ホーム

ホーム① ※入居ホーム
介護付有料老人ホーム。自宅から近距離。運営母体が医療法人で24時間看護師常駐。

ホーム②
介護付有料老人ホーム。比較的自宅から近距離。比較的小規模。介護スタッフ配置は2.5:1。費用がやや割高。

ホーム③
介護付有料老人ホーム。地域密着型の施設展開。比較的小規模。

ホーム④
介護付有料老人ホーム。全国規模の施設展開。大規模ホーム。

エピソード詳細

90代のご対象者様は自宅にいる時に脳梗塞で倒れて救急搬送。一命は取り留めましたが、後遺症として全身麻痺が残ってしまいました。リハビリ病院に転院しましたが、病院でリハビリを続けても、これ以上の改善は見込めないと医師が判断し、在宅介護か施設入所を選択しなければならなくなりました。

しかし同居のご主人様も高齢で、在宅介護は共倒れになるリスクが大。そのため医療ソーシャルワーカーを通じてあいらいふにご相談いただきました。奥様のご希望は「とにかく近いホーム」。早速ご自宅から近いホームを中心にピックアップし、見学に同行しました。

そのホームは医療法人の運営で24時間看護師常駐。全身麻痺があり今後、医療行為が増えてくることを想定するとベストに思えるホームでした。しかし終の棲家でもあるホーム選びには、ある程度の慎重さも必要です。複数を比較検討することが、後悔のないホーム選びにもつながります。そこであえて2つ目の候補をご提案して見学へ。両者を見比べても、医療対応やアクセスの面で最初に見たホームが優れていたため、「ここしかない」と迷いなく入居を決めていただきました。

今回のポイント

・必要なのは「決断」と「慎重さ」。プロの相談員がベストな選択をサポートします
・いくつかの候補を比較検討することで、より後悔のないホーム選びを

高木 啓太相談員

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談