集団生活が嫌でも入居できる?

 相談者の概況

対象者は、90代で夫婦2人暮らしです。誤嚥(ごえん)性肺炎で入院中にADL(日常生活の動作)が低下し、リハビリを求めてホームを検討。娘様は「集団生活が苦手な父が、リラックスできるホーム」をお探しです。

【困っていること】

・集団生活が苦手な父の「気に入る老人ホーム」がみつからない。
・家に独りになる母が不安。いずれは両親そろっての入居を考えている。
・リハビリが好きな父が満足できる設備のあるホームがいい。

 エピソード詳細

90代のお父様は誤嚥性肺炎で入院中にADLが下がってしまい、さらなるリハビリを求めて老人ホームを探していました。退院期限が1か月後に迫ったある日、娘様からあいらいふ入居相談にご連絡が入ったのです。

2時間におよぶ面談では、集団生活が苦手なお父様のご入居、独居となるお母様のことなど、さまざまな不安を涙ながらに語った娘様。いずれはご両親そろって入居してほしいものの、お母様はホームへの拒否感が強く、どうしていいかわからないそうです。なんとしても力になりたいと思い、選定に取りかかりました。

見学したのは高級感があり、スタッフからの干渉が少ないホームと、家庭的な1軒。あえて真逆の2軒にした理由は、比較して本当に合うホームを選んでほしかったからです。

高級感のあるホームを見学した際、昔ながらの老人ホームを想像していたお母様は、イメージとまるで違う姿に驚いていました。そしてなんと「こういうところなら、私も入りたい」との発言まで。お母様のその一言が決め手になり、お父様のご入居先が決まりました。

後日フォローで娘様にご連絡したところ、「父もすっかりホームが気に入りました」と感謝の言葉をいただくことができたのです。

 選定ホーム

ホーム(1) ※入居ホーム
介護付有料老人ホーム。医療法人が経営母体で、リハビリの質・量ともに充実。高級感があり、入居者同士に適度な距離感がある。

ホーム(2)
介護付有料老人ホーム。医療に強く、医療依存度の高い入居者が多い。家庭的で、入居者同士の関わりが比較的深い。

 入居したホーム

リハビリ体制が充実。高級感があり、入居者同士の距離感が適度なホーム。

 今回のポイント

・拝聴し、提案へ。あいらいふのホーム選びは「想いを引き出す」ことから。
・集団生活が苦手な人は多い。そんな人には高級感のあるホームがお勧め。
・実際に老人ホームを見てもらうと、誤解や偏見がなくなる場合も。
・自己基準を作るためには、コンセプトが両極なホームの見学も効果的。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる