母が入居するホームを息子夫婦が仮予約したところ、叔母の異見でご破算に

【困っていること】

・2世帯住宅で息子家族と暮らす母は足腰が弱り、自活が困難になってきた。
・母はショートステイを利用しているが、退去日が迫っている。
・老人ホームを仮予約したものの、叔母の横やりが入り、仕切り直すことに。

入居したホーム

理学療法士によるリハビリが充実。自然豊かな環境にあり叔母の家に近い。

相談者の概況

ご対象者は、息子様家族と2世帯住宅で暮らす80代のお母様。普段の生活は別々です。お母様は足腰が弱って、ショートステイへ。退去日が迫り、息子様は近所のホームを仮予約しますが、叔母様の異見で決断できません。

選定ホーム

ホーム(1)
自立支援やリハビリに力を入れている。高級感があり入居費用は高め。家から離れているが交通のアクセスは悪くない。

ホーム(2)
クリニックが併設され、スタッフの人員体制が手厚い。敷地内に庭園や遊歩道があり、落ち着いた環境。自宅の近くで費用は予算内。

ホーム(3)
アットホームな雰囲気。新築で費用も手頃。家から離れているが、交通のアクセスがよいため、見学後に仮予約した。

ホーム(4)※入居ホーム
明るい雰囲気で、きめ細やかなケアが特徴。理学療法士が常勤し、個別リハビリも対応。建物がきれい。叔母の家に近い。

ホーム(5) 
身体状況に応じてサービスを利用できる、サービス付き高齢者向け住宅。叔母の家に近くて費用も安め。駅から近く、訪問に便利。

エピソード詳細

80代で要支援のお母様は、息子様ご家族と2世帯住宅にお住まいです。普段の生活は別々ですが、ある日、お嫁様がベッドから転倒した状態のお母様を発見しました。息子様は仕事が多忙な上、お嫁様も子育てで手一杯なので、お母様はショートステイへ。その退去日が迫る中、ケアマネジャー様を通して、息子様から「老人ホームを検討したい」とあいらいふ入居相談室にご連絡が入りました。

ご自宅近くの3軒を選定し、面談後に息子様夫婦とホーム見学へ。すると新築のホームを気に入られ、仮予約をしました。

ところが、この話を聞いたお母様の妹様から物言いがついたのです。仮予約はキャンセルし、叔母様もまじえて息子様と再面談を行いました。

息子様は仕事が忙しく、自宅近くのホームに決めても、お母様を頻繁に訪問できそうもありません。そこで叔母様の家に近いホームを選定し、2軒を見学しました。1軒目は上質なサービスで建物もきれいなため、叔母様も大変気に入った様子です。ただし、費用オーバー。2軒目は、費用を抑えたごく一般的なホーム。息子様は決めきれず、お母様のショートステイを延長。1か月後にようやく、叔母様の気に入ったホームに決断をされました。

今回のポイント

・親族間での懸念事項なども、相談員に率直に伝えた方が解決に至りやすい。
・相談員も交え「一堂に集まって家族会議」を行うことでトラブルの回避を。
・必要に応じて、ショートステイ先の延長手続きも相談員が行う。
・入居するホームを決めかねている場合は、時間をかけて考えることも大切。
・ホーム決断に時間をかけるだけ、対象者に負担がかかることをお忘れなく。

嶋田 淳相談員

お電話でのご相談 お電話でのご相談