姉弟で別意見。どっちを選ぶ?

【困っていること】

・母の介護で姉と弟の意見が対立。老健と老人ホームのどちらを選ぶべきか。
・ホームに入る前に、老健で少しでもリハビリをして、母のADLを上げたい。
・今後も主に面会をするのは弟なので、弟が通いやすい場所のホームがいい。

入居したホーム

24時間看護スタッフ常勤。緑豊かで看護ケアが充実したホーム。

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

長男様と2人暮らしのお母様は、発熱を繰り返し入院。入院でADLが下がり、車イス生活になってしまいます。長男様には仕事があるため、「認知症を患っている母が、日中1人だと心配」になり老人ホームを探しています。

選定ホーム

ホーム(1) ※入居ホーム
24時間看護スタッフ常勤。看護ケアが充実。理学療法士常勤。緑豊かな落ち着いた環境。長男宅の近隣。

ホーム(2)
街中に立地し、自然が少ない環境。最寄駅から5分の立地。介護スタッフの人員配置が充実(2.5:1)。

ホーム(3)
自宅からやや遠い。乗換駅から近い。人員配置は普通(3:1)。

ホーム(4)
自宅から遠いが居室が広い。四季折々の草花が楽しめる庭園がある。介護スタッフの人員配置が充実(2.5:1)。

エピソード詳細

長男様と2人暮らしをしていたお母様は、原因不明の発熱を繰り返し入院してしまいます。それまでは伝い歩きができていたのに、入院中のADL(日常生活動作)低下で車イス生活に。退院後の自宅での介護生活に不安を覚えた長男様から、あいらいふ入居相談室にご相談が入りました。

お話しをうかがい、近隣のホーム4か所を選定。長男様はそのうちの1か所、看護ケアにすぐれたホームを一目で気に入りました。

ところが長女様は、老健でのリハビリを希望。姉弟間で意見が割れてしまったのです。家族会議に同席した相談員は、「まずは老健に入所してはどうか」と提案。このままホームに入居しても、長女様の心にしこりが残ってしまうためです。

しかし現実問題として認知症の場合、指示通りに動くことが難しい方もいるため、老健でのリハビリの効果は不透明です。ですがそのことを言葉で伝えるより、ご家族が実際に経験して納得することが大切だと思いました。

老健入所から約2か月後、再び相談員にお電話が。長男様から「当初の予定より早く、ホームに移りたい」とのことです。前回、退院後すぐに入れるよう交渉していた経緯もあり、スムーズに希望していたホームへご入居できました。

今回のポイント

・家族間で意見が対立したときは、第三者を間に入れると収まることも。
・認知症の進行具合によっては、個別リハビリが難しいケースもある。

赤堀 麻衣子相談員

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談