空き家となる憂いや生活費の心配もクリア!

 相談者の概況

独居で70代のお兄様が脳梗塞を発症して生活支援が必要な状況になり、弟様とも相談して老人ホームへの入居を決めました。ご要望の整理をはじめると、空き家となる自宅の維持費の問題や災害・防犯のリスクが浮上しました。そこで、あいらいふ入居相談室の不動産サポートを利用していただき自宅を売却することに。老人ホームへの入居スケジュールに合わせて売却が成立し、無事ご入居となりました。

【困っていること】

・脳梗塞で麻痺が残り独居は難しい。
・老人ホームへの入居を検討するが、施設っぽい雰囲気や過度な干渉は望まない。
・空き家対策と生活費確保のため、住んでいる家を売却したい。

 エピソード詳細

70代のお兄様は独り暮らしのご自宅で脳梗塞を発症。近所に住む弟様に発見されて入院することになりました。幸い発見が早く歩行器を使って歩けるまで回復しましたが、退院後の独りの生活に不安を感じ、弟様と相談して老人ホームへ入居することを決めました。

お兄様は70代とまだ若いため施設っぽい老人ホームには抵抗感がありました。また、あまり社交的ではないためレクリエーションやサークル活動への参加は望んでいません。そして、現在は身の回りのことは自分でできるため、過度な干渉のない老人ホームを希望されました。弟様といえば、ご自身が面会に行きやすい自宅近くの老人ホームを希望しています。

順調にご要望を整理していたと思いきや、お兄様が住んでいるご自宅が空き家になってしまうという、大きな問題が持ち上がりました。

維持費が思いのほかかかることと、なんといっても災害や犯罪被害のリスクが大きいことがわかりました。例えば、「台風で屋根瓦が飛散してけがをさせてしまった」、「放火されて隣家に延焼してしまった」など、空き家がもたらす損害は所有者がその損害責任を負うことになります。

そこで、そんな不安を解消するべく、あいらいふ入居相談室が行う「不動産サポート」のご利用を提案しました。今回のような「空き家のリスクを回避したい」というご相談もそうですが、とくに多いのが「自宅を売却して入居資金に充てたい」というものです。

希望に叶う老人ホームを探す一方で、ご自宅の売却に関しては専任の不動産サポートスタッフに引き継ぎました。

不動産売却といえば、街の不動産業者に仲介を依頼して購入者を探してもらうのが一般的です。この場合、市場価格に準じた高値で売却できますが、デメリットも多くあります。売却までにかなりの期間を要すること、リフォームや残置物撤去のために費用がかかること、売却後も瑕疵担保責任を負うので損害賠償のリスクがあることなどです。また、売主として不動産業者と買主に対峙しなければならないので、一般の方にはとても負担が大きいです。

あいらいふ入居相談室の不動産サポートが行うのは、複数の不動産買取業者と交渉し条件に合う業者への売却を家主様に提案する方法です。一般的には市場価格より低い価格になりますが、リフォームや残置物撤去の費用がかからないことと、瑕疵担保責任が免責されるので売却後のクレーム対応がありません。そして最大のメリットは、すぐに現金化が可能なので、老人ホームへの入居スケジュールに合わせられることです。

不動産サポートスタッフは、お兄様と弟様にお会いしてメリットだけでなくデメリットも洩れなく説明し、ご納得いただいたうえで諸手続きに移りました。まずは、路線価や過去の取引状況などを加味しておよその売却価格を提示します。了解をいただいた後、実地調査を行い正式な売却価格を算出。合意を得て契約に至りました。契約にはご本人の意思確認が必要です。今回はお兄様と弟様、司法書士、不動産サポート相談員で記録を取りながら契約を進めていきました。

不動産サポートスタッフから逐一報告を受け進捗状況を把握。私からは3つの老人ホームをご提案しました。その中でも弟様の自宅に近く、入居後もこれまでと同様の生活が営めるミニキッチンや冷蔵庫置き場、洗濯機置き場などがある居室環境が充実した介護付有料老人ホームを気に入っていただけました。介護が必要になるかもしれない将来を見据え、介護付をご提案したことで安心もプラスされたようです。また、入居前に自宅の売却が決まって空き家となる憂いや生活費の心配もクリアでき、心置きなく老人ホームでの生活をスタートできると喜んでおられました。

 選定ホーム

ホーム(1) ※入居ホーム
大手企業が運営する介護付有料老人ホーム。ケアサービスや医療対応、レクリエーションなど総合力が高い。介護付だが居室にトイレ、風呂、ミニキッチンを備え、個々の生活スタイルが守られた暮らしが叶う。

ホーム(2) 
入居ホームと同じ企業が運営するサービス付き高齢者向け住宅。生活の自由度が高く、オーダーメイドのケアサービスが利用できる。

ホーム(3) 
閑静な住宅街にある住宅型有料老人ホーム。希望エリアから少し遠いが安価で、商店街や公園に近く住環境が優れている。

 今回のポイント

・あいらいふ入居相談室では、老人ホーム入居時における不動産売却をサポートしている。
・老人ホームの入居スケジュールに合わせた売却が可能。
・売却金で入居一時金や生活費の確保ができ、空き家となる憂いも解消できる。