唯一の身寄りは遠方在住

 相談者の概況

80代で独居の男性。奥様を亡くされてから体力の衰えが顕著になり、老人ホームに入ることを検討されます。しかし、身寄りは遠方に住む甥御様だけ。そこで入居手続きに必要な保証人を、成年後見人か保証会社に依頼して老人ホームへ入居する方法を考えます。

【困っていること】

・80代の男性は妻を亡くし独居。自活しているが体力の衰えに不安。
・老人ホームに入りたいと思っているが、身寄りは遠方に住む甥だけ。
・入居手続きに必要な身元保証人がいない。

 エピソード詳細

80代で独居の男性。要支援2で、ほぼ独力で生活できますが、奥様が他界されてから気分がふさぎこむ日も少なくありません。最近は以前より食欲も減り、体力的な衰えを強く実感するようになりました。「そろそろ老人ホームを考えたい」ということで、地域包括支援センターのケアマネジャー様を通してご相談がありました。

ご主人様は近くに頼れる人がいないことも不安要因でした。唯一の身寄りが甥御様。しかし遠方にお住まいで、迷惑をかけたくない、とお思いです。そうしますと老人ホームの入居に際し身元保証人となる方がいません。

そこで2つの対策をご紹介しました。1つは成年後見人制度を利用するケース、もう1つは民間の保証会社に身元保証人を頼むケースです。後者の方が病院の送迎や入退院、老人ホームの入退去の手続きなど、身元保証から生活支援まで、さらに死後の事務手続きも可能なので、サービスの範囲が広く利用しやすいといえます。こうした違いもお伝えした上で、サービス付き高齢者向け住宅をご提案しました。

結果的に甥御様とご相談され、ご主人様は保証会社に身元保証人をお願いし、近所にできたばかりのサービス付き高齢者向け住宅を選ばれました。スタッフからの毎日の声がけで少しずつ元気を取り戻し、今では近隣の商店街へもよく出かけられています。

 選定ホーム

ホーム(1) ※入居ホーム
24時間介護スタッフ常勤。開設間もないサービス付き高齢者向け住宅。新築できれい。自宅との行き来がしやすい距離。費用が手頃。

ホーム(2)
訪問介護、訪問看護、居宅支援事業所を併設。看取りまで対応可能なサービス付き高齢者向け住宅。医療機関との連携も万全。

ホーム(3)
医療と介護の連携がスムーズ。シアタールームやカラオケルームを完備し、地域交流が活発。費用はやや高め。サービス付き高齢者向け住宅

 入居したホーム

自宅近のサービス付き高齢者向け住宅。訪問介護事業所を併設。

 今回のポイント

・老人ホームに入居する際に身元保証人が必要になる。
・保証人がいない場合、成年後見制度か保証会社の利用が便利。
・保証会社の身元保証人の方がサービスの範囲が広く融通が利く。
・独居で健康不安を痛感するようになったら老人ホームを検討したい。
・自立度が高い人はサービス付き高齢者向け住宅の方がおすすめ。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる