老人ホームはどこも一緒?

 相談者の概況

骨粗しょう症で骨折を繰り返す独居で90代のお母様。日々の世話をしていた娘様が入院し、すぐに退院するも安静が必要で、お母様の独居が難しくなりました。キーパーソンとなった息子様が老人ホームを探しますが、「どこのホームもケアの内容は一緒でしょ」と考えているようです。

【困っていること】

・独居の90代のお母様は、骨粗しょう症で骨折を繰り返している。
・世話をしていた娘様が入院。お母様の独居生活が難しくなった。
・息子様が老人ホームを探すが、どのホームもケアの内容は一緒だと考えている。

 エピソード詳細

独り暮らしのお母様は90代とご高齢で、骨粗しょう症で骨折を繰り返しています。近所に住む娘様が通いでお世話をしていましたが、その娘様が入院。すぐに退院するも、しばらく安静が必要で、少し離れた場所に住む息子様がキーパーソンになって老人ホームを探すことになりました。

「毎日訪問したい」と娘様からご要望があり、娘様のご自宅周辺で老人ホームを選定。2日間で3軒の老人ホームを見学する日程を組みましたが、1軒目の見学が終わったときに、息子様が「どこもケアの内容は同じでしょ。ここが一番近いから、ここに決めた。あとは見学しない」と言い始めました。
老人ホームを決める際は、3軒程度を見学することをお勧めしています。なぜなら、少ないと「もっとよい施設があったのでは…」と後悔することがあるからです。また多すぎても情報過多になり決めきれなくなります。そこで、「大切なお母様の住まいなので、慎重に選びましょう」と息子様を説得。

息子様が決めたのは、娘様のご自宅から少し離れた医療法人が運営する老人ホーム。お母様の年齢を考えると、今後は医療的ケアが必要になることを想定して、医療との連携に定評のあるホームを選定していました。息子様も娘様も「何かあったときに安心」と満足し、入居ホームを決めました。

 選定ホーム

ホーム(1)
大手企業グループ運営の介護付有料老人ホーム。日中帯看護スタッフ常勤で、担当ヘルパー制できめ細かいケアで定評がある。

ホーム(2)
介護付有料老人ホーム。他のホームと比べると利用料金は安価でケアサービスは一般的。和気あいあいとしたアットホームな雰囲気。

ホーム(3)※入居ホーム
医療法人運営の介護付有料老人ホーム。母体の病院と連携し医療的に重い方でも受け入れ可能。リハビリやレクリエーションに積極的。

 入居したホーム

リハビリやレクリエーションに積極的な、医療法人が運営する介護付有料老人ホーム。

 今回のポイント

・老人ホーム見学は3軒程度がおすすめ。
・少ないと「もっとよい施設があったのでは…」と後悔することも。
・多すぎると「どれにしたらいいか迷ってしまう」と決めきれなくなることも。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる