親戚とも絶縁状態で身元保証人がいない

 相談者の概況

独居で90代の女性。認知症で食事もろくにとらず、熱中症で倒れていたところを近所の人が見つけ救急搬送後、入院。病院から早急な退院を促されているが、老人ホームに入りたくても身元保証人となる人がいない。

【困っていること】

・90代で独居の女性。認知症で家の中はゴミ屋敷状態。
・熱中症で倒れていたところを、近所の人が発見して救急搬送。
・老人ホームへの入居を検討するが身元保証人となる人がいない。

 エピソード詳細

独居で90代の女性は認知症が進み、家の中はゴミ屋敷状態。食事もろくに取らず、熱中症で倒れていたところを近所の人が見つけ、救急搬送で入院。治療後、すぐに退院してほしいと病院からいわれますが、在宅復帰は難しいため、病院の医療ソーシャルワーカー様から「老人ホームを探してほしい」とご相談がありました。キーパーソンは甥御様。叔母様は親戚と絶縁状態で、唯一、関係を保っていたのが遠方に住む甥御様でした。

叔母様のお体の状態から24時間看護スタッフが常勤のホームをご提案し、甥御様にパンフレットを送付。こちらから電話で詳しい内容をお伝えし、結果的に緑豊かな環境にある有料老人ホームを選ばれました。入居にあたり身元保証人が必要ですが、甥御様も高齢で病弱。体力的に引き受けられないということで「身元保証会社」をご案内させていただきました。

「身元保証会社」は老人ホームの見学代行から入居、また病院の入退院の手続きなどを行ってくれ、身寄りがない、親戚が遠い方などにとって便利なシステムです。甥御様も身元保証会社と契約をし、必要な手続きを代行してもらい、叔母様は速やかに入居することができました。

 選定ホーム

ホーム(1) ※入居ホーム
介護付有料老人ホーム。24時間看護スタッフが常勤。スタッフの人員体制が2:1と手厚い。緑豊かな環境にあり、レクリエーションやイベントがさかん。

ホーム(2)
介護付有料老人ホーム。24時間看護スタッフが常勤。認知症のケアに定評があり、受け入れ実績も豊富。

 入居したホーム

イベントやレクリエーションが豊富。看護スタッフが24時間常勤。

 今回のポイント

・独居の場合、いざという時に備え、近所の人との付き合いは大切。
・老人ホームの入居契約に際し、普通、身元保証人が必要となる。
・成年後見人と身元保証会社では費用とサービス内容が異なる。
・成年後見人は身元保証人の兼任ができない。
・身寄りがいない場合、身元保証会社の利用の方が利便性は高い。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
無料でできるわけ/初めての方へ
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる