保証人がいなければ、ホームには入れない?!

 相談者の概況

骨粗鬆症から歩行が困難になってしまった70代の独居女性。足が不自由になったことで友人との集まりに参加できず、不安や寂しさからホームへの入居を考え始めました。しかし、甥が保証人になることを拒否しています。

【困っていること】

・70代の独居女性。足が不自由になり、マンションの階段の昇降が苦に。
・足が不自由になったことで外出が難しく、友人とも疎遠になり寂しい。
・たった一人の身内である甥が、ホーム入居時の保証人になることを拒否。

 エピソード詳細

70代の独居女性は、骨粗鬆症から腰を悪くし、歩行が困難になりました。社交的で外出することが好きだった女性ですが、足が不自由になってからはマンションの階段の上り降りが負担となり、仲の良い友人との恒例の集まりに参加することもままなりません。友人たちに会えない寂しさと今後の不安から、老人ホームへの入居を考え始めました。

地域包括支援センターであいらいふ入居相談室を紹介された女性は、都心に出やすいアクセスの良さと、リハビリが充実したホームを希望されていました。予算を踏まえて自宅近くから郊外まで3つのホームを選定。唯一の身内である甥御様と見学され、郊外ながら電車の乗り換えなしで都心に出られるサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)に入居することを決めました。

しかし、入居手続きの段になり、突如、甥御様が保証人になることを拒否。甥御様の奥様から反対されたようでした。女性が慌てる中、すぐに高齢者の保証をしていただける法人を紹介。滞りなく入居手続きを済ませました。

保証人は、一般的にお子さんや親族の方がなるケースがほとんどです。しかし、保証人を立てられないケースが増えています。そのような時のために、保証をしてくれる団体と日常的にお付き合いしています。今回はその社会資源をうまく活用できたケースになりました。

 選定ホーム

ホーム(1)※入居ホーム
大手企業の運営によるサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)。郊外だが都内への直通電車があり、駅からも近く外出や訪問がしやすい。

ホーム(2)
ホーム(1)と同じ企業が運営する介護付有料老人ホーム。自宅に近く便利だが、予算オーバー。

ホーム(3)
ドラッグストアや調剤薬局を展開する企業が運営する介護付有料老人ホーム。協力医療機関との連携が密。24時間看護スタッフ常勤。

 入居したホーム

郊外だがアクセスが良く、都心に出やすいホーム。

 今回のポイント

・老人ホームの入居には、保証人が必要。
・保証人が立てられない場合は、信用保証を請け負う団体を利用する。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる