入院生活で、床ずれが。最終目標は自宅復帰!

80代のお父様は、肺と血液の病気で入院。足に床ずれができたため、車イスでの生活を余儀なくされます。最終目標は自宅復帰ですが、娘様はそこに至るまでに、お父様がリハビリのできる老人ホームを探しています。まずはホーム見学へ。機能訓練指導員が複数常勤し、リハビリの時間以外にも屋上で外気浴が楽しめるホームと、理学療法士(PT)と作業療法士(OT)が常勤し、病院への送迎が無料のホームの2軒を見学しました。

年金暮らしで老人ホームの入居金が払えない

相談者は、ご対象者様の妻。旦那様は、80代で夫婦2人暮らしです。脳腫瘍によってマヒが進行し、自宅生活が不可能に。年金の範囲内で、自宅暮らしの妻の生活費とホーム費用の両方を賄えるホームを探していました。また将来的には特養を希望しているため、一時金を払わずに入居できる老人ホームをご希望されていました。

温泉付き、広い居室、家や病院との距離など、老人ホームを選ぶ基準が次々に

80代の女性で独居。老人ホームを検討し始めました。「広い居室で温泉付き」、「家から離れた場所で、通院するのに近いエリア」をご希望。こういったケースでは、まずパンフレットを見て頂き、すぐに実際の老人ホームを見学して頂くようお願いしております。

注目!老人ホーム選びに失敗し、誤嚥性肺炎で寝たきりに。要支援から要介護5に!

70代で独居のお母様は、脳梗塞の既往歴があり要支援です。息子様が探してきたホームに入居したところ、誤嚥(ごえん)性肺炎で寝たきりに。改めてホームを選び直したいとの希望から、娘様からご相談が入りました。身体状況がそぐわなくなった場合、新たなホーム選びが必要になることもあります。

注目!実家の母が心配!居間で転倒したまま、身動きのとれない母を発見。

ご対象者様は、独居で80代後半の女性。娘様が帰省した際、居間で転倒したままのお母様を発見。ケアマネジャー様に連絡すると、家での転倒は度々であると報告を受けビックリ!すぐにお母様の老人ホーム入居を検討します。独居で転倒が度重なるようになったら、そろそろホーム入居を検討するサインです。

腰椎圧迫骨折の母、今すぐ老人ホームを見つけたい

92歳のお母様は、腰椎圧迫骨折で入院中。入院前は息子様ご夫婦と同居していましたが、今後の介護に自信がない息子様は老人ホームへの入居を希望されました。退院までは、あと1週間と、時間と心に余裕がありません。ご高齢の場合、入院したら退院後のことを考えて早めに専門家にご相談ください。

腎臓と心臓に持病のある母。週に3回、透析治療に通える老人ホームはありますか?

対象者は、腎臓と心臓に持病がある70代のお母様。現在は独り暮らしです。相談者は、遠方に住む娘様。お母様のために、娘様のご自宅近くにあり、透析クリニックへの送迎サービスと、医院による心臓病ケアのバックアップが受けられる老人ホームをお探しです。通院中の病院、透析クリニック、心臓病のケアを受ける病院との情報のすり合わせを続け、無事に満足のできる施設に入居することができました。

父はてんかんで入院。家族はリハビリで90代の父に元気を取り戻させたい

対象者様は、90代の男性。てんかんで入院中ですが、ADLがひどく低下。車イスの状態で在宅復帰が困難となり、老人ホームを検討。長男様は、てんかんと認知症でも入居可能で、リハビリができるホームをお探しです。

言語聴覚士のいる施設を探しています

ご相談者様のお父様は、誤嚥性肺炎で治療中。リハビリを受けられる老人ホームを探しています。ST(言語聴覚士)による専門のリハビリを定期的に受けることで症状の悪化を防いだり、改善がみられるといったケースはよく耳にします。嚥下機能は訓練次第で改善に向かう場合もあるので、ご相談者様の現状や入居後のご希望に合わせ、ST常駐? 週のリハビリ頻度は? など選定前に細やかに確認をし、ご紹介させていただきます。