認知症母、苦情の嵐で独居限界

【困っていること】

・認知症で独居の母は夜中、近隣宅のベルを鳴らすようになり苦情が多発。
・火の消し忘れから鍋を焦がすことが増え、火事の心配も出てきた。
・母の認知症が進み、物忘れや昼夜逆転がひどい。娘は遠方におり対応困難。

入居したホーム

娘宅に近く、認知症ケアに手厚いサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)。

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

ご対象者様は80代の独居女性。認知症が進行し、夜中に近隣宅のベルを鳴らすなど迷惑行為を続け、遠方の娘様に苦情が相次ぎます。火事の心配もあり、娘様の家に近い老人ホームを調べ始めました。

選定ホーム

ホーム(1)
介護付有料老人ホーム。認知症対応フロアがある。お母様のご自宅から近い。

ホーム(2) ※入居ホーム
認知症ケアに強いサ高住。娘様の家に近く、訪問に便利。眼科往診があり白内障の術後ケアも可能。

エピソード詳細

お母様は旦那様亡き後、独り暮らし。娘様は離れた所に住んでいて、何かあってもすぐ駆けつけられません。認知症が進んだお母様は昼夜逆転生活に陥り、夜中に隣家のベルを鳴らすことが度々。地域包括支援センターにはご近所からの苦情が相次ぎ、連絡を受けた娘様がご実家に行くと、お母様は「やってない」の一点張りです。台所には焦げた鍋が並び、火の消し忘れも多くなりました。これ以上、近所迷惑を拡大しないためには「老人ホームがベストか?」と悩まれた娘様が、あいらいふ入居相談室にご相談にいらしたのです。

相談員は、お母様の幸せを考えたら、ホームでの生活が望ましいとお伝えし、娘様の家に近いサ高住をご提案。認知症ケアに特化していて、眼科往診があるため、白内障のケアが必要なお母様に好都合です。

娘様はこのホームを大変気に入られました。ただ、お母様を説得できるかは別問題。相談員は、お母様のご希望をリストにし、望まれる内容を提案するのはどうかとお話ししました。お母様は、ひ孫様に会うのが何よりも楽しみ。近くに住めば、会う機会が増えると知ったお母様は即決しました。今ではホームの共用台所で、ご家族で料理を楽しまれているそうです。

今回のポイント

・独り暮らしの認知症を持つ本人の説得は、専門家の支援を受けるとよい。

緑川 光子相談員

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談