自宅かホームか? 母娘が対立

 相談者の概況

ご対象者様は70代男性。仕事を引退後、アルツハイマー型認知症を発症し、毎日のように徘徊を繰り返していました。自宅介護に限界を感じた奥様の希望で、老人ホームの入居を選択されました。

【困っていること】

・認知症で徘徊を繰り返す夫。日中の介護を担っている妻が限界。
・ホームへの入居を希望する妻と、自宅介護を望む娘で意見が対立。

 エピソード詳細

70代のご対象者様は、奥様と娘様と同居していましたが、仕事を引退後にアルツハイマー型認知症を発症。症状が急速に進行し、毎日のように徘徊をしては、警察に保護されることを繰り返していました。日中の介護を担っていた奥様の疲労がピークに達し、老人ホームへの入居を検討されました。

ところがいざ探しはじめると、日中は会社勤めをしている娘様がホームへの入居を拒否。ご自身も疲労困憊でしたが、大好きな父の混乱した姿を受容できず、奥様と意見が対立していました。

相談を受けたのはご家族様が分裂寸前のとき。家族会議に同席してほしいと要望がありご自宅へ。そこで目にしたのは、疲れ切った奥様の姿でした。娘様の気持ちは理解できるものの、介護による共倒れを最も避けるべき事態であるとご説明し、ホームの選定が始まりました。

急を要するためホームを2つご提案。どちらも認知症対応フロアがあり、精神科ドクターの往診など医療対応にも優れていました。違いはご自宅の近くか遠くかという1点のみ。奥様と娘様が一緒に見学し、最終的に選んだのはご自宅から遠いホームでした。

これまでご対象者様を支えてきたお二人は、ホームに入居しても毎日通おうと考えていました。しかし、ご自宅から離れたホームを見学したときに、その距離に安堵感や開放感を感じたのです。

車を使えばそう遠くない距離。心に適度な距離感が生まれ、介護の疲れを癒すことができると実感したのです。

 選定ホーム

ホーム(1)
認知症対応フロアあり。精神科の往診など医療対応に優れる。自宅から近く、訪問に便利。

ホーム(2) ※入居ホーム
認知症対応フロアあり。精神科の往診など医療対応に優れる。自宅から電車で行くにはやや遠いが、車なら近距離。

 入居したホーム

認知症対応フロアがあり、精神科の往診もあり。自宅から離れている。

 今回のポイント

・「近い」ホームが最善ではない。物理的な距離で心が安定することもある。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談