父が入院していた病院で新型コロナウイルスの感染者が見つかり、老人ホームの入居手続きが止まってしまいました

母が倒れ、父は介護難民に!?

 相談者の概況

ご対象者様は、80代の男性。要介護で奥様と2人暮らしですが、奥様は脳梗塞で入院してしまいます。遠方に住む娘様は、介護サービス利用を勧めますが、お父様は断固拒否。家族だけでの介護に限界が近づいてきました。

【困っていること】

・老老介護の母が入院したため、要介護の父の世話をする人が近くにいない。
・遠方に住む長女が帰省して父の介護をするが、いつまでも滞在できない。
・娘が父に介護サービスの利用を勧めると拒否。父は母と一緒に暮らしたい。

 エピソード詳細

80代のお父様は、要介護で2人暮らしです。ある日、同居する奥様が脳梗塞で入院。嫁いだ遠方に住む娘様が急きょ帰省したものの、長居はできません。お父様は介護サービスの利用を拒み続け、お孫様まで手伝いに来る始末。これでは総崩れになると心配された娘様から、あいらいふ入居相談室にご相談が入りました。

相談員はすぐに、お父様、娘様、お孫様と4者面談を行いました。お父様は現状を理解されていますが、「妻と一緒に暮らしたい。妻と一緒に暮らせるなら介護サービスを受ける」と。
そこで夫婦部屋があり、奥様の退院日に入居が可能なサービス付き高齢者向け住宅を選定。翌日、ご入居者様の顔ぶれがわかる昼食時に見学にいきました。その老人ホームは、低層階にクリニックや商店を併設。必要な介護サービスを受けながら、自宅同様の生活が送れます。

お父様も温かい雰囲気に安心したようで「奥様のために、先に入居して中を探索していただけませんか」とお願いしたところ快諾されました。

後日、奥様の病状も回復に向かい、退院日にお父様の待つ老人ホームへ。相談員は、ホーム長に奥様の退院日に入居できる調整と、リハビリメニューをケアプランに入れることをお願いし、無事ご入居に至りました。
【ご夫婦で入居する場合の夫婦部屋と個室の選び方】
あいらいふ入居相談室では、ご夫婦での入居の場合、夫婦部屋ではなく個室をご案内することがあります。そのケースとして代表的なのが、旦那様の介護が必要な場合です。夫婦部屋に入居してしまうと奥様は旦那様の介護をしてしまい、自宅介護のときと変わらないためです。今回の相談事例では、このケースにあてはまりますが、旦那様は「妻と一緒に暮らせるなら介護サービスを受ける」ということで夫婦部屋をご案内しました。
入居後の生活をうかがいましたが、奥様が旦那様の介護をすることはなく、介護はプロに任せて、ご夫婦での時間を大切にされています。

 選定ホーム

ホーム(1) ※入居ホーム
サービス付き高齢者向け住宅の夫婦部屋。バリアフリーでキッチン、バス付き。必要な介護サービスを利用して、自宅さながらの生活が送れる。

 入居したホーム

サービス付き高齢者向け住宅の夫婦部屋。居室が広く、住環境がよい。

 今回のポイント

・夫婦部屋は自宅同様の感覚で生活できるので、お互いに安心感が持てる。
・介護で「疲労困ぱい」なら、専門家を間に入れて相談した方が解決も早い。
・奥様は退院日に入居できるように、あいらいふ入居相談員が調整。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる