最良の施設を選んだはずが失敗

【困っていること】

・自宅に戻りたいので、老健に入所してリハビリを継続したいが満床である。
・病院の退院期限が迫っているため、老健に入所できない場合にも備えたい。
・リハビリ特化に期待して老健に入ったものの、対応面で家族の不満が増幅。

入居したホーム

落ち着いた雰囲気で本人がなじみやすく、個別リハビリが充実したホーム。

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

ご対象者様は半身マヒで認知症の80代男性。骨折による入院でリハビリ病院を退院後、自宅復帰を目指してリハビリに特化した老健に転所しました。しかし、ご家族の希望に沿わない老健の対応に不信感が募っています。

選定ホーム

ホーム(1)
作業療法士によるリハビリを週に1回受けられる。建物がきれいでスタイリッシュな雰囲気。交通の便が非常によい。

ホーム(2) ※入居ホーム
理学療法士が常勤し、入居者の身体状況に合わせた個別リハビリを週に2回。対象者がなじみやすい雰囲気。交通の便は普通。

エピソード詳細

旦那様は80代で半身マヒと認知症があり、奥様と娘様の3人暮らし。骨折で入院した急性期病院からリハビリ病院に移った際、ソーシャルワーカー様を通して、あいらいふ入居相談室にご相談がありました。

ご家族の希望は、自宅復帰が目指せるリハビリに特化した老健への入所です。しかし、満床で、退院時には空室が出るかどうか微妙な状況。このため相談員は2軒の老人ホームを選定し、ホーム見学をしました。

運よく老健にご入所できた2週間後、「ホームに移りたい」と娘様からご連絡が。再度ご面会し不満をうかがったところ、それは「介護面」でした。確かにリハビリは充実しているものの、日常生活で行き届いたケアは受けられないとのこと。そこで、老人ホームでは老健並のリハビリはできないことを重ねてご説明した上で、生活のしやすさを優先して入居ホームを決めました。

後日、娘様にお父様の様子を尋ねると「面会時に覇気がなかった」と不満気味です。一度、「施設」への不信感を持ったご相談者様としては、当然の心配でしょう。相談員はすぐホーム長に確認し、「レクリエーションの後で疲れていた」旨をご報告。娘様の誤解は解け、ホームとの信頼関係は良好になりました。

今回のポイント

・リハビリだけでなく、介護面を見てから決断を。
・ホームに対する家族の不信感は、相談員のサポートで解消できることも。

今川 智弘相談員

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談