低価格で家の近くに固執したら、医療行為の必要な母が入れる所はゼロ。

【困っていること】

・母が誤嚥(ごえん)性肺炎で入院し、胃ろうを造設。自宅介護は難しい。
・選定条件は「医療行為が可能で近所、低価格」だが、該当ホームなし。
・主介護者の息子は多忙で、母がホームに入居しても頻繁に面会できない。

入居したホーム

自宅から離れているが24時間看護スタッフ常勤。開設2年目のホーム。

相談者の概況

ご対象者様は、80代の女性で息子様と2人暮らし。誤嚥性肺炎で入院後、胃ろうを造設したため、自宅介護は困難になりました。息子様は、お母様が過ごす老人ホームに「こだわり」があるため、選定が難航しています。

選定ホーム

ホーム(1)
自宅から近く、24時間看護スタッフ常勤。入居費用は予算オーバー。開設から10年以上がたち、建物は経年劣化が若干目立つ。

ホーム(2)
自宅から比較的近い。クリニックを併設し、24時間看護スタッフ常勤。建物はきれい。入居費用は予算内だが、通院に家族の送迎が必要。

ホーム(3) ※入居ホーム
自宅から約2時間。24時間看護スタッフが常勤し、医療と看護を強化したホーム。建物は比較的新しい。入居費用は低予算。

エピソード詳細

80代後半のお母様は会社員の息子様と2人暮らし。誤嚥(ごえん)性肺炎を患ったお母様は、入院中に胃ろうを造設したため、自宅での生活が困難に。息子様が希望するのは、「家の近く・低価格・医療行為が可能」な老人ホーム。しかし、「条件に合うホームが見つからない」とあいらいふ入居相談室に、医療ソーシャルワーカー様から一報が入りました。

相談員は息子様に、お母様の身体状況から「24時間看護スタッフ常勤が必須」とお伝えし、エリアの幅を少し広げて3軒のホームをご提案しました。2軒のホームは、ご自宅の近所。最後は自宅から電車とバスで約2時間かかるものの、費用が安く、建物も魅力的なホームです。見学を終えた息子様は、3軒目を選ばれました。

息子様はお仕事が多忙で、面会に行けるのも月に1回程度。それなら多少遠くても、医療ケアに手厚く、きれいなホームがお母様も喜ばれると判断されたのです。

直後の休日、相談員は駅のホームで手を振る男性に遭遇しました。このときの息子様です。「ホームで元気な母を見てきた帰りだよ」と、ご相談時には見せなかった息子様の笑顔に初めてふれ、お母様の現状もうかがえて、相談員として感慨深いものがありました。

今回のポイント

・予算が少ないときは、エリアを広げることでホームの選択肢も増える。
・医療依存度が高い場合、通院時の送迎などサポート体制も確認しておく。
・条件が厳しくても、優先すべき点を冷静に判断できれば解決策がみつかる。

高林 亮輔相談員

お電話でのご相談 お電話でのご相談