息子は怒鳴る&音信不通、認知症の母は保証人がおらずホームに入れない

お母様は、80代で独居。主介護者の息子様は言葉によるDVがあり、音信不通に。認知症のお母様は、高齢者緊急一時保護施設に入所。その退去日が迫り、ホーム入居を希望するも身元保証人がいません。相談員は、成年後見制度で入居できるホームを提案しました。

糖尿病で足を切断。入院生活で認知症が進行し自宅介護が不可能に。

持病の糖尿病が悪化して片足を切断した80代の男性。しかも、入院中に認知症が進行し、自宅療養は困難となりました。そのため、老健退所後の住居として認知症対応がフロアあり、24時間看護師常勤で手術した医療機関の受診対応が可能な老人ホームを紹介しました。