末期ガンの医療行為が可能ですぐに入れるホームはある?

ご対象者様は80代の男性。奥様と娘様と同居していましたが、現在は入院中です。末期ガンであるため、退院を控え老人ホームへの入居を検討。医療行為が可能で、すぐに入居できる自宅周辺の老人ホームを探しています。

腎臓と心臓に持病のある母。週に3回、透析治療に通える老人ホームはありますか?

対象者は、腎臓と心臓に持病がある70代のお母様。現在は独り暮らしです。相談者は、遠方に住む娘様。お母様のために、娘様のご自宅近くにあり、透析クリニックへの送迎サービスと、医院による心臓病ケアのバックアップが受けられる老人ホームをお探しです。通院中の病院、透析クリニック、心臓病のケアを受ける病院との情報のすり合わせを続け、無事に満足のできる施設に入居することができました。

脳梗塞で倒れて胃ろうを造設予定の母。たん吸引の対応可能な老人ホームはある?

お母様は、90代で独居です。脳梗塞で倒れて一命は取り留めましたが、口から食事をすることができなくなって胃ろうの造設を検討中。相談者の長男・長女様は、将来的に、たん吸引の対応も可能なホームを探していました。見学に訪れたホームで、ホームスタッフより「胃ろうでも、ゼリー食などで経口摂取が進むようお手伝いはできる」との提案がありました。この発言に、長男・長女様の表情に変化が。家族としては「母の経口摂取への希望を捨てたくなかった」と、静かに本音を語られました。

転倒による骨折と脳出血で入院中。退院しても自宅には帰れない

80代の旦那様は、転倒による骨折と脳出血を併発し、療養型病院に入院です。食事は、胃ろうでの栄養摂取が主ですが、経口摂取も一部可能になりました。老人ホームのリハビリを受けた方が経口摂取も進むのではないか、高額になる毎月の入院費用も削減できるのはないかなど、奥様は旦那様の老人ホームへの入居を考えるようになりました。

末期がんで余命宣告、ショートステイの退去期限までわずか5日間しかない

80代のお父様は、独り暮らし。末期がんで余命宣告となり、急性期病院からショートステイに移って療養中でした。しかし、ショートステイ先の滞在期間の期限があと5日で切れることから、娘様からご連絡をいただきました。できる限り迅速に受け入れ先となる施設を見つけ、書類等を揃えることが必要でした。

ペースメーカー利用の母は肺炎で入院後、食欲が減退し体力低下が激しい

ご対象者様は、次男ご夫婦と同居中で、ペースメーカー利用の90代女性。風邪から肺炎となり入院後、病状は改善されましたが、食欲が減退し身体の衰弱も著しく自宅復帰は困難です。退院を2週間後に控え、手厚い介護が受けられるホームを探しています。気に入った施設が見つかりましたが、即断してしまうと後悔する可能性があるため、別の施設の見学をお薦めしました。

ストーマを造設した母!どんな老人ホームに入れますか?医療行為のできる老人ホーム!

ご長男様と2人暮らしの80代のお母さま。便秘と脱水で入院したところ、大腸に腫瘍が見つかり、手術をしてストーマ(人工肛門)を造設しました。お母さまの場合、介護付有料老人ホームを紹介させて頂き、更に息子様がどんなヘルパーが対応するのか心配されていたので、担当ヘルパー制、職員の数が2:1常勤している老人ホームへ入居されました。

誤嚥性肺炎で入院し胃ろうを造設した母!私は仕事がある為自宅に戻れない

息子様と2人くらしのお母さまは、誤嚥性肺炎で入院後、症状が悪化し胃ろうを造設しました。そのため自宅介護が困難になり、退院までに何としても介護可能な転居先を決めなければなりません。ですが、お母様の身体状況から24時間看護スタッフ常勤の老人ホームが必要となりました。息子様の希望は、「ご自宅の近く」「低価格」でした。