誤嚥性肺炎で入院。1型糖尿病のためきめ細かいインスリン注射が必要だが、受入れ態勢が整っている老人ホームってある?

息子様と2人暮らしの90代のお母様が誤嚥性肺炎で入院。寝たままの状態が続いたことで、ADLが低下してしまいました。今の状態では自宅に戻ることができないため、老人ホーム入居をご検討されています。

難病で寝たきりに。退院後も通院が必要な50代の姉に老人ホームは適切か?

独居の50代女性が難病を発症し入院。寝たきり状態となり、手厚い医療ケアが必要なため退院後は自宅での生活は難しい状態です。唯一の親族である妹様が医療ケア全般を任せられる老人ホームを探しています。

検査入院で末期の膵臓ガンが見つかったお母様。老人ホームに対して悪いイメージを持っている息子様は自宅介護を試みますが……

息子様と2人暮らしの70代の女性。検査入院で末期の膵臓ガンが見つかりました。頓服薬で痛みを抑えつつ、ご自宅で過ごすことにしましたが、せん妄症状のためご自分で服薬をコントロールすることができません。

インスリン注射が可能な介護施設はどうやって探せばいい!

1日3回食前にインスリン注射が必要なお母さまが自己注射が困難になり、インスリン注射を行ってくれる介護施設を探しておりました。お母さまはインスリン注射をご自身でされておりましたが、脳梗塞で倒れ、右半身にマヒが残り、車イスや介助が必要な要介護3。さらに認知機能も低下し、インスリン自己注射も困難に。そこで介護施設の中で有料老人ホームへ入居することを検討しました。

老人ホームの怠慢で褥瘡がひどくなったと憤っている娘は住み替えを希望。しかし、寝たきりで褥瘡治療の通院もあり、受け入れ先がなかなか見つからない!?

80代のお母様は要介護5で寝たきり状態。ホームに入居していましたが褥瘡がひどくなり治療が必要に。娘様はホームの対応の悪さが原因と住み替えを希望しましたが、医療依存度が高すぎて受け入れ先が見つかりません。

脳梗塞で入院!糖尿病の持病に加え、認知症もあり、退院後は医療ケアのできる老人ホームへ

認知症に加え、パーキンソン病や糖尿病の持病がある独居の90歳男性が脳梗塞で入院。マヒが残り要介護5となり、退院後のホーム利用を余儀なくされました。しかし貯蓄が少なく、家族からの援助も難しい状況です。

糖尿病が悪化して足を切断。独り暮らしの自宅には戻れずホームを選択するが、透析病院に自力で行くことができず、ホーム選びが難航

糖尿病が悪化して、足を切断することになった70代の独居女性。退院後はホームに入居することを決めますが、今のお身体の状態ではストレッチャーによる移送が必要なため、なかなかホームが見つかりません。

末期ガンで治療の手立ては緩和ケアのみ。でも、最期は病院ではなく医療的ケアが可能な老人ホームで!

ご夫婦でお暮らしの90代の男性が末期の肝臓ガンで入院。残された治療法は疼痛ケアのみでした。医師から緩和ケア病棟を勧められますが、お父様の意思を尊重し「老人ホームで最期を」と息子様が希望されます。