肺炎で入院して急きょ、老人ホームの入居が決定。いずれは認知症の妻と一緒にホームへ入りたい

相談者は対象者の娘。対象者は80代男性で肺炎のため入院し、要介護1。自宅で暮らす奥様は認知症が進んでいて、いずれはご夫婦での入居も見据えて、まずは緊急度の高いご対象者様の老人ホーム入居を決めました。

80代の夫婦。夫は今も仕事をしているが、そんな夫を妻は支え切れなくなり2人で老人ホームに入りたい!

対象者の80代のご主人様は奥様と2人暮らし。要介護2の奥様はご自身の身体と家事のやりくりに不安を感じ、ご夫婦で老人ホームに入ることを考え始めました。しかし、仕事が生きがいのご主人様は拒否し続けています。

地域包括ケア病棟から自宅復帰を目指すも認知症の進行で断念!退院日も早まりどうしたらよい?

ご対象者様は90代の女性で独居。大腿骨頸部骨折で急性期病院に入院後、自宅復帰を目指し地域包括ケア病棟に転院。しかし、認知症が進み、物盗られ妄想がひどいため2週間後の退院を勧告されます。

麻雀、カラオケ、囲碁、将棋…。老人ホーム入居後も趣味を続けたい

相談者は居宅支援事業所のケアマネジャー。対象者は80代男性で独居。パーキンソンの持病あり。認知症もなく自立していたものの何度か転倒骨折しており、独居に不安を覚えて入居を検討。多趣味なため自由度の高いホームを希望していました。