老人ホームに、通院の付き添いをお願いすることは可能でしょうか?

90代の独居女性が持病の手術で入院。安静状態が続いたことでADL(日常生活動作)が急激に低下して、ご自宅には戻れなくなりました。遠方に住むキーパーソンの妹様は、通院や訪問のサポートをしたいと考え、近くの老人ホームに呼び寄せるつもりでした。しかし、ご本人様は住み慣れた土地を離れたくないと、地元での老人ホーム入居を強く希望しています。

低予算での老人ホーム探しは、やっぱり何かを我慢しなくてはいけませんか?

認知症を抱える80代のお母様は、徘徊などの問題行動を繰り返しています。困った息子様は老人ホームを検討しますが、預貯金がほとんどありません。できれば利用料は年金内の低予算に収めたい、とあいらいふ入居相談室にご連絡をいただきました。

海外赴任中につき、母親の老人ホームの入居手続きを遠隔で進めたい

転倒骨折で入院していたご対象者様は、退院後は老人ホームに入居することにしました。キーパーソンの息子様は海外赴任中のため相談員と直接会えず、施設見学にも同行できない状況です。代わりにメールや電話、インターネットのオンラインミーティングアプリなどを使い、相談や手続きを遠隔作業で行いながら、無事に終の棲家となる老人ホームが決まりました。

金銭的に余裕のあるうちに老人ホームに入居したい

80代の独居女性は認知症の進行に加え、年金額が少なく今後の生活が不安な状態です。ケアマネジャー様から連絡があり、まとまった入居一時金が払えるうちに老人ホームに移ることを相談されました。月額利用料の安価な郊外の老人ホームをご提案し、契約。しかし、諸手続きにおいてキーパーソンの娘様の協力は得られず、不動産の解約や引っ越し作業まで、ケアマネジャー様が代行していました。

胸に透析用のカテーテルを挿入しているため「受け入れができない」と、希望するエリアの老人ホームに言われてしまいました

人工透析を必要とする80代のお母様は、近所に住む娘様の助けを借りて独り暮らしを続けていました。しかし、最近は認知症が進行してきたため、娘様は老人ホームへの入居を検討します。現在通っている透析病院は変更したくないとのことで、病院に近い老人ホームを探しますが、お母様は透析用のカテーテルを胸に挿入していたため、対応できる老人ホームが近隣にはありませんでした。

認知症による暴言と暴力があると、老人ホームへの入居は難しいでしょうか?

独り暮らしの80代男性が自宅で足首を骨折して救急搬送されました。入院中の病院で看護師に対して暴言、暴力があり即刻退院を命じられます。キーパーソンの娘様は、退院後は老人ホームを視野に入れていましたが急な展開に困惑ぎみ。日頃からあいらいふ入居相談室と信頼関係にある老人ホームの施設長に相談したところ、見学から入居まで迅速に対応してくださいました。

紹介する老人ホームは、実際に現地で確認しているから自信をもってお勧めできます!

80代の男性は自宅で転倒して大腿骨頸部を骨折。現在は回復期リハビリテーション病棟に入院し杖歩行ができるまで回復。しかし、独り暮らしの自宅に戻るのは不安なので老人ホームへの入居を決意しました。条件は仲の良い妹様の自宅近くにあり、洗練された雰囲気で食事がおいしいこと。また、入居者と新たな人間関係が築けてハリのある生活ができる、「暮らしの質」にこだわった老人ホームを希望。現地調査で培った情報をもとに最適な終の棲家をご提案できました。

高齢者の骨折で退院後の老人ホーム探し! 独り暮らしの母が病院での生活に安心感を覚え退院後は老人ホームを希望

独り暮らしをしている70代のお母様が自宅で転倒。骨粗しょう症が進行していて腰の骨を圧迫骨折しました。歩行ができるまでに回復しましたが、人に囲まれた病院での生活に安心感を覚え、退院後は老人ホームに入居したいと希望しています。身の回りのことは自分でしたいとの強い要望があり、居室にキッチンがついているサービス付き高齢者向け住宅をお勧めしました。

父が転倒して骨折しました。認知症が急激に進んでしまい自宅に戻ることができません

自宅で転倒して骨折した90代のお父様は、ADLが低下し、さらに認知症も重くなりました。このままでは自宅に戻れそうもないと老人ホームを探し始めますが、娘様と息子様の意見が食い違い、老人ホーム探しが難航。そこで、決定権者を1人にすることを提案しました。その後はスムーズに進行し、無事にご入居されました。