NEWヘルパーの介護を拒否。老人ホームへの入居も拒否。認知症の父の自宅生活は破綻寸前ですが、どのように説得したらいいでしょうか?

古い公営住宅に独りで暮らす70代のお父様は、認知症が進行し暴言がひどくなりました。自宅生活の限界を感じた娘様は老人ホームへの入居を勧めますが、人付き合いが苦手なお父様は嫌がります。そこで、認知症ケアに力を入れている老人ホームのベテラン施設長に直接お父様を説得してもらい、無事入居することができました。

NEW長年交流のなかった独居の弟が糖尿病の悪化で右足を切断。老人ホームを探すことになったけど、何をどうすればいいの?

独居の70代男性は、糖尿病の悪化により右足を切断。引受人となったお兄様は、長年ほとんど交流のなかった弟様が何を望んでいるのかわからず、退院後の行き先に困っていました。そこで弟様やお兄様の要望を整理し、ニーズに合った老人ホームをご提案。無事入居することができました。

今日も入り口の前で婚約者を待ち続ける統合失調症の男性。長い入院生活は終わるけれど、次はどこで待つのだろう

統合失調症で、長く精神病院に入院している身寄りのない男性。今日も病院の前で、いまだ来ぬ婚約者を待ち続けています。退院を促され、行き先を探しますが、統合失調症への漠然とした不安は受け入れを難しくします。そのような中、統合失調症のグループホーム運営の経歴を持つ施設長が「安心してください」と迎え入れてくれました。

週3回人工透析が必要な母に、かかりつけの透析病院での治療を継続できる自宅近くの老人ホームを見つけたい!

週3回の人工透析が必要な80代の独居女性。体力的に独り暮らしがつらくなってきたため、老人ホームへの入居を検討しています。預貯金も年金も少ない状況でしたが、かかりつけの透析病院での治療を持続できる自宅近くの老人ホームに、無事入居することができました。

独居に不安!!老人ホームに入りたくても保証人になる人がいない!

80代で独居の男性。奥様を亡くされてから体力の衰えが顕著になり、老人ホームに入ることを検討されます。しかし、身寄りは遠方に住む甥御様だけ。そこで入居手続きに必要な保証人を、成年後見人か保証会社に依頼して老人ホームへ入居する方法を考えます。

自由気ままな独り暮らしを謳歌したい90代の母が肺炎で入院。ADLが低下して自宅生活は無理だが、老人ホーム入居は断固拒否!

独居の90代のお母様は風邪をこじらせて肺炎で入院。ADLが低下してしまい、ご家族様は退院後に老人ホームへの入居をすすめますが、お母様は「絶対に行きたくない」と断固拒否されています。

骨粗しょう症で独り暮らしが難しくなった母。「老人ホームはどこも一緒でしょ」と、適当に決めようとする息子。老人ホームを決めるときは何軒見学すればいい?

骨粗しょう症で骨折を繰り返す独居で90代のお母様。日々の世話をしていた娘様が入院し、すぐに退院するも安静が必要で、お母様の独居が難しくなりました。キーパーソンとなった息子様が老人ホームを探しますが、「どこのホームもケアの内容は一緒でしょ」と考えているようです。

脳梗塞で軽いマヒ。老人ホームに入ったら趣味の将棋ができなくなる?!

ご対象者は80代半ばで要支援2の独居男性。数年前に患った脳梗塞の後遺症が少しありますが、娘様の世話のおかげで、支障なく日常を過ごされています。しかし、最近急に体力が落ちてきて、転倒や脱水症状で救急搬送されるなど、娘様は介護の限界を感じています。

認知症が重くなって老人ホームへの入居を検討。身寄りがないため成年後見制度により弁護士が成年後見人に!

70代独居の女性で認知症が著しく進行。「見当識障害」も起き、独りで暮らすことが困難となったため、地域包括支援センターのケアマネジャー様からご相談がありました。女性は身寄りがなく成年後見制度を利用しています。

糖尿病が悪化して足を切断。独り暮らしの自宅には戻れずホームを選択するが、透析病院に自力で行くことができず、ホーム選びが難航

糖尿病が悪化して、足を切断することになった70代の独居女性。退院後はホームに入居することを決めますが、今のお身体の状態ではストレッチャーによる移送が必要なため、なかなかホームが見つかりません。